「嗚呼 男鹿(たんが)島」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>



「嗚呼 男鹿(たんが)島」

14040951.png

坊勢島から、姫路港へと向かいます。
14041401.jpg


船内は生活観に溢れています。
14041402.jpg
姫路港に着いたら自転車で市内中心部に行くのかなぁ?
お買物かなぁ。

14041403.jpg
「ママレモン」ってまだあったの? なつかしいなぁ。


昨日 姫路港から家島本島へ向かった時は何も見えなかったけれど、海はこんなに綺麗なんだぁ。。

14041405.jpg



おや? あれば噂に聞く砕石の島=男鹿(たんが)島でしょうか?
人口は約150人。島全体が花崗岩で成っていて、石材搬出を主産業としています。

14041406.jpg

14041407.jpg
えー でも。。。。。


14041413.jpg

14041409.jpg

14041410.jpg

「身を削る」 とはまさそくこの事でしょう。
島の身を削り、島の人は生きているのです。。
ん~ なんだか哀しいなぁ。
削って削って 島がなくなったらどうするのでしょう?

この様子じゃ、砕石の音と埃でさぞかし、暮らしにくいだろうと想像してしまうのですが、水が綺麗な海水浴場や釣り人に人気の入江もあるのだそうです。
シーズンには多く来島者があり、民宿や食堂が営業も営業しているとの事。

不思議な魅力がある島。
面白そうな島。
男鹿島に着く船は、少ないのですが、次回は是非訪れてその様子を感じてみたいと思います。




工場群が近づいて来ました。 姫路港。
飾磨が工業地帯であることを海から目で確認できました。

14041411.jpg

14041412.jpg




中播磨旅モニターツアー INDEX

関連記事
[ 2014/04/22 15:39 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2961-7b829cc6