「姫路駅の“えきそば”」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>


「姫路駅の“えきそば”」

 幼い頃の「そば」は黄色でした。
「黒いそば」は「年越そば」だけでした。
いつの頃からか、お店でべる「そば」が黒くなり不思議な思いでいながら、いつしか「そば」は黒いものと認識するようになりました。

 姫路駅の「えきそば」をべて、記憶の中の「そば」に出会えた気がしました。

14042806.jpg


 「中華そば」ではありません。和風だしの「そば」です。。

JR姫路駅 岡山方面行下りホーム。
黄色を基調とした四角い、お弁当と「えきそば」のお店。
14042801.jpg

14042805.jpg

14042802.jpg




14042803.jpg

14042807.jpg


昭和24年に、姫路駅で「立ち売りそば」が始まりました。当時はそば粉とこんしにゃくを混ぜてた麺だったそうで、今なら「ダイエットメニュー」てして売れるかもしれません(笑)
次第にホーム上での販売へと変わりました。

きっと、姫路だけでなく、関西はどこも昭和30年代~昭和40年代 黄そばを「そば」としてべていたんだと思います。

姫路名物「えきそば」
なんたって、「天ぷらえきそば」でも一杯350円です。

午前中の仕事を終え、昼一の会合、講演会に行く事がたびたびある私。こんなところがあれば、お昼ごはんの心配しなくったっていい。
いつも おにぎり持参で駅の片隅で昼を済ませてる私には羨ましいお店です。


歴史ある「えきそば」には多くの物語があり、ネット検索すればたくさん出てきますが、元祖の「まねき品」さんの記事をどうぞ。。
→ えきそば

「えきそば」をべる事ができるのは、このホームだけでなく姫路駅構内他 各地にあるので参考にしてください。
→ まねき品店舗案内


「中播磨旅モニターツアー 昭和レトロコース」
とっても楽しい旅でした。。
いつも通り過ぎてしまっていた「姫路」に多くの そのまま。。昭和。。が残っている事は、大発見。
姫路の魅力に触れさせてくださった、中播磨旅モニターツアーのスタッフさんへの感謝の気持ちでいっぱいです。


中播磨旅モニターツアー INDEX


関連記事

No title

子供のころから食べなれた味、時代が変わっても、駅舎が変わっても、この味は変わらないし、変わりようがない、今や全国区になったこの駅そばも、私にとってはオンリーワンの存在。途中下車してでも食べたい味。ここしかない味、他の追随を許さぬ味、故郷の味、広島駅の駅そばもうまいけどここには悔しいけど到底敵わない。
 
[ 2014/05/05 18:26 ] [ 編集 ]

ご苦労さんでした

中播磨旅モニターツアーご苦労さんでした。
これだけブログに載せたら、主催者がなにか記念品でもくれるかな。
でもこれだけの取材はたいしたものですね。本当にびっくりしますわ。
[ 2014/05/06 18:43 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

広島の駅そば、今度頂いてみますね。

私は大津生まれ大津育ちですが、子供の頃「そば」と言えば黄色かった。
今のような 黒いそばになったのはいつの頃からかなぁ。

以前にも一度 姫路駅の駅そばを食べようとしたのですが、朝の6時半位なのでどこも空いてなかったんです。
でも 駅員さんが一生懸命調べてくださって、姫路駅の方の思い入れを感じました。 
[ 2014/05/10 18:44 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

ありがとうございます♪
このモニターツアーはコンテスト形式ではないので、それっきりでしたよ(笑)
でも 近場ながら知らなかった素晴らしい場所を多く訪れる事が出来て大満足でした。
[ 2014/05/10 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2974-0742d207