FC2ブログ







故郷 (宮崎県)

 3家族、車2台の日程調整は大変でしたが、主人にとって折角の帰省。
ここからは娘家族とは別行動。
主人の実家。

14051412.jpg
コップ酒片手に、故郷の風に吹かれる主人(笑)

14051401.jpg

高台にあるため、市内が一望できます。


夕暮れの町をぶらぶら歩き。
14051402.jpg

右手は旧道。
14051403.jpg

新しく道を作ろうとしたら、こんな地層が見えたそうで、当時は全国から学者さんもいらしたとか。
14051404.jpg

主人にとって生まれ故郷だけど、私は結婚前にはじめてここに来た日を思い出す。。
11月だったかな?
始めて聞く町の人々、親戚の方々の言葉はまるで英語で、牛も鶏も居て、お風呂の薪を一輪車で運んだなぁ。
度々の帰省の思い出は決して楽しいものばかりでなく、戸惑い続けてたけれど。
今となれば、それらも懐かしい。
義両親の元気な姿が嬉しい。
思えば、あの頃の義両親より 私達の方が歳が上になってる。 庭で花火をして走り回っていた娘達ももうおかあさん。。
世代が変わり、歴史が出来た。



翌朝は、車で市内をひとめぐり。

これと言って観光資源のない町だけど、西郷さんがここを通ったそうです。
14051406.jpg 

14051408.jpg 14051407_s.jpg


14051409.jpg
ここのスーパーも、始めてこの町に来た時、始めて買物した場所。恐らくスーパーはここだけだったかもしれません。
義母さんのお気に入りでしたが、去年8月に倒産したそうです。


14051410.jpg

14051411.jpg

この町を走る吉都線。
そういえば、電車を使っての帰省は一度もありません。



関連記事
[ 2014/05/23 16:39 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(6)

西郷さんが通った道

宮崎って、自然がいっぱいですね。
ご主人の実家も広くて、のどかでいいですね。

このあたりは、田原坂で負けた西郷さんが退却するときに通った道なのですね。

歴史ファンにはたまらない場所です。
[ 2014/05/23 20:40 ] [ 編集 ]

★めりぃさん

いわゆる 新婚旅行のメッカ「太陽と緑の国」の日南海岸の南国イメージとは違い、山の中なのですが、自然いっぱい。日本一 星が綺麗に見える。。とも言われています。


そうですかぁ。。 歴史ファンの方に取っては、特別な道なのですか。。
義弟の家への道で、なんでもないところなんですけどね。。。
そう言って頂けると、私もなんだか嬉しいです♪

[ 2014/05/23 21:44 ] [ 編集 ]

あ~懐かしい響き

日南海岸他、40年位前の新婚旅行のメッカ
昔の事なのですっかり忘れていますが、私達は
旅行会社に組んでもらって行ったと思います。

BSテレビで丁度私達の新婚旅行で行った、行程を
辿ってバス旅行を
俳優の石倉三郎さんと山田純大さんが行っておられました。
懐かしくて涙があふれました。私達と同じ所に行かれてたんですよ。
昔の領収書が出てきましたので、宿を検索した所、
そのホテルは出世して、
プロが選ぶ日本のホテル100選で入選表彰されていました。
また二人で辿って行きたいねって話していますが、どうなりますやらです。
[ 2014/05/24 14:37 ] [ 編集 ]

★みちさん

みちさんは、宮崎が「新婚旅行のメッカ」だった頃、真っ只中に結婚されたのですね。
「熱々のアベック」?(笑)
その頃から あま~ぃ2人。そして今もなお仲良し夫婦だから♪ 涙が出るほど懐かしいのでしょうね。
結婚してから、子供が生まれ、育てて。。 楽しい事も、大変な事もあって そして今があるんでしょう。。
のんびりと。。2人仲良くしておられる゛みちさん 夫妻素敵です。

是非是非、お2人で同じコースを旅してください。
今、そういう方が多いようで、「リメンバー九州」なんてキャンペーンもやってますね。

その時は、また旅のお話聞かせてくださいね。
[ 2014/05/24 19:20 ] [ 編集 ]

西郷さんも気になりますが、露出している地層も気になります(笑)
[ 2014/06/03 17:00 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

sho惑星さんたくさんのコメントをありがとうございます。
何もない田舎ですが、やっぱりたくさんのものがあります。
どこの町もきっとそう。。 sho惑星さんがいつも素敵な風景を見つけられるのと同じで、どこの町にもいいものがいっぱいあるのでしょうね。。

15年位まえ 「“たのかんさあ”が出来たから見ておいで」と義母に言われ、主人と 「田の神様」を見にいきました。
本当に 田圃の中に 小さな祠があり 畳敷の部屋の奥にお地蔵様のような神様が祀ってあったんです。
当時は、デジカメのような便利なものもなく写真も撮ってないのですが、今回も楽しみにしていました。
ところが、もう荒地の中で近寄る事も出来ず残念でした。

地層。。 このあたりの山も実は地層があるかもしれませんね。
[ 2014/06/04 14:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2989-750c52b3