JR西日本 山陰本線 「萩駅 自然と歴史の展示館」 (山口県萩市)

下車した途端の大雨、雷雨。外に出る事も出来ず駅舎内を見ている時、ボランティアの男性が案内してくださったのが、「自然と歴史の展示館」
駅舎左側に鉄道資料等が展示してあります。
「こちら側が、昔の駅なんですよ」と おっしゃったので、それによりブログ記事を書いています。
なるほど、昨日の写真でもおわかりいただけるように、随所にそれらしき古さが現れています。


14061005.jpg 14061004_s.jpg



こちらが展示スペースです。
14061010.jpg


14061008.jpg

大きく掲げられた写真は「井上勝」

14061007.jpg 14061006_s.jpg

鉄道の父 と呼ばれる人物で、新橋~横浜間を開通させ、さらに京都~大津間の敷設工事をはじめて日本人だけの手により完成させたという。。

月に一度、参加させて頂いている大津での「鉄道学習会」で、大いに称えられている人物です。
山口県の人、そしてここでもこうして大切にされている姿に感動。



14061003.jpg 14061002_s.jpg
山口県には「長州ファイブ」と呼ばれる歴史上非常に重要な人物がずらりと。。いらっしゃるのです。


私の興味はやはり、昔の駅の姿。
14061009.jpg

14061014.jpg
14061015.jpg



14061011.jpg



14061013.jpg
14061012.jpg





14061018.jpg




14061016.jpg
14061017.jpg



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3005-59b0cafa