FC2ブログ







夕日ケ浦(浜詰海岸)の夕日  (京都府京丹後市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


夕日ヶ浦(浜詰海岸)の夕日

 母がミシンを踏んでいる隣にあった、窓から夕日が見えました。
「もう ごはん作らんならんなあ」
作りかけの、妹とお揃いのワンピースを、傍らにおいて母は台所へと立つのでした。
 一日が終わるそんな時間に 空がオレンジ色に染まるのが大好きでした。。
 私の「夕日好き」は、あの時間が原点。
 いつものよう一日が終わろうとする時でさえ、西の空に目をやってしまう。。
旅に出れば、なおさら。。
このブログでも、何度も 夕日の写真をアップしています。

KBS京都放送のCMで何度か耳にしていた「夕日ヶ浦」の夕日。
14082717.png
(緑の矢印箇所)



いつか行きたいと思いつつ、公共交通機関でのアクセスがよくわからず諦めていたのですが、その気になれば意外に簡単。
北近畿タンゴ鉄道「木津温泉駅」で下車して、宿泊する宿に迎えに来て頂けばいいのです。
お迎えが無理だという場合も、歩いて30分もかからないかと思いますし、道中は寂しい場所ではありません。

 旅館に着いて、荷物を置いてすぐに海岸へ。
14082701.jpg

14082702.jpg

 日はまだ高く、夏の終わりの海水浴を楽しんでいる人が、パラパラといました。


ここからしばし、太陽の沈む様子を時間を追って紹介します。

14082703.jpg

14082704.jpg

14082705.jpg




14082706.jpg




14082707.jpg

14082708.jpg

14082709.jpg



丁度、海に沈もうとする時、海面近くに雲が。。。。。。。。
14082710.jpg


太陽の頭がちょこっと、赤く輝いています。。。。
14082711.jpg





 宿の部屋に戻ってからも、まだまだ。。空は赤く、日が沈むと突然に真っ暗にならないのは、広い海岸に日が落ちるからなのでしょうか。。
14082712.jpg


 今思えば、同じ場所に留まることなく、もっと広角でも夕日を感じれば良かったと、思うのですが、あまりの美しさに動くことが出来ませんでした。




 旅館の仲居さんが、「綺麗に見えて良かったですねぇ。。 昨日まではお天気悪くって海も荒れていたんですよ。。 夕日が見えるのって実は 一年で三割位なんですよ」。。。とおっしゃいました。


 夕日ヶ浦へ行こうと、決めた時 日程を随分迷いました。
「山陰海岸ジオパーク女子旅ブロガー」に決定したのが5月の末。
6月に入ると梅雨、明けるのは7月中旬位だけど、集中豪雨の時期。 夏休みに入れば人が多いでしょう。
太陽が海に沈むのは8月中だと旅館からお返事も頂きました。
やっぱり 晴天の確率が高く、太陽が海に沈み、晴天の確率が高いのは8月の20日位でしょう。。
ところが今年の天候は違いました。 お盆前の台風。不安定な天候、各地での集中豪雨被害。
加えて 予定経路の部分的不通。
無理して行かない方がいいのかもしれないけれど、仕事の関係で9月中旬になるし。。と。
気を揉んだのですがぁ。。。。

こんなに美しく見えました!!



14082714.jpg





★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2014-前期 INDEX  
★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーINDEX
関連記事
[ 2014/08/26 17:49 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(4)

夕日

yumeさん、おはようございます。

いつも素敵 写真、ありがとう。

綺麗な夕日に会う事出来て良かったですね。

いつその場所に行くか、色んな事を考え合わせ 

本当に迷いますよね。

お天気と放送していても予報が外れたり 色々ありますものね。

思いどうりの景色 夕日が撮れた嬉しさ分かります。
こちらまで嬉しくなります。

また、訪問させて頂きますね。
[ 2014/08/29 07:24 ] [ 編集 ]

★お加代さん

コメント承認、お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい。

お天気ばっかりは、もうどうしようもありませんよね。
天気予報でだいたいは予想できても、わかりませんもの。。
近くなら、「ほら いまだ!!」と走って行く事もできるのでしょうが、そういうわけにもいかず。。

でも 良かったです。 幸運でした。
[ 2014/09/03 21:07 ] [ 編集 ]

まぶしいっ☆(>▽<)ノ

本当にきれいな夕日ですね!実物を見ていないのですが、yumeさんの美しいお写真からは夕日のまぶしさまで、とても伝わってきました!
一年で三割位という夕日日和に行けるなんて、うらやましいです☆

上から2枚目のお写真は、光の中の女の人(?)のシルエットがまるで聖母マリアみたいに見えました☆
[ 2016/02/25 20:01 ] [ 編集 ]

★藤南一乃さん

懐かしい記事にコメント頂きありがとうございます。
雲ひとつない。。とまではいかないまでも、綺麗な夕日を見る事が出来ました。

この時、すぐ近くで写真を撮っていた人の写真が 夕日が浦の夕日写真展で賞を取られていました。
夕日が沈みゆく海で、戯れる親子。いい風景でした。
その場に居たのは、その方と私だけでしたし、撮影日の記載もあったので、ああ、あの時の。。とわかりました。
立派なカメラをお持ちの初老のお方でした。
絵になる風景の中、に居られたあの日、幸せでした。

そういえば、マリア様に見えますね♪
[ 2016/02/25 22:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3060-591a6f15