立岩周辺散策 海岸段丘・屏風岩 (京都府京丹後市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


立岩周辺散策 海岸段丘・屏風岩



大成古墳から、右手(北東)を見れば、岩をたくさん見る事ができます。

14083901.jpg


14083904.jpg
 
14083902.jpg
さらに、遠くに目をやれば、まるで切り取られのような台地と砂浜が見えます。
それもそのはず、もともとの地形は岩がつながった海岸で、長い年月の侵食により、岩が削り取られ、砂浜が出来ました。
目にも、なるほど。。の地形です。


竹野付近の海岸段丘
 約13万年前の最終間氷期に、1500万年前の火山活動でできた岩石を毛羽って海食棚が出来、その上に海岸の礫(れき)や砂泥が堆積しました。その地層が現在約20メートルくらいの高度にあり、海成の中位段丘堆積物と呼ばれています。 (山陰海岸ジオパーク散策モデルコース資料より抜粋)


 

写真左端の岩に小さな穴が空いているのがわかるでしょうか。
「青の洞窟」 
近くまで大きな船で行き、そこから小さな舟に乗り換えて、洞窟の中を探検するというコースは、予約がいっぱいなんだそうです。
→ とび丸タクシー







14083903.jpg
その向こうに見えている、海上の黒い岩。手前が「屏風岩」と呼ばれる有名なものです。

このように、海岸線に並ぶ地球の産物を見る事ができるのは、大成古墳のある高台にいるからで、古墳もまた高台にあったことがわかります。



「屏風岩」まではバスにて移動。

海面から突然 屏風のようにそびえる屏風岩は、柔らかい凝灰岩の地層中にマグマが入り込み、団結した安山岩が、その後、周りの地層が侵食により削り取られ、硬い安山岩の岩脈が取り残され現在の姿となりました。屏風岩の沖合いにも数個の島がありますが、これらは全て一直線上に並んでいます。 (山陰海岸ジオパーク散策モデルコース資料より抜粋)


14083906.jpg

その名前の通り、屏風を立てたような薄い岩。高さは13メートル 清水寺の舞台の高さと同じだそうです。




海岸段丘の上では、稲が作られて、刈り入れを待っているようでした。

14083907.jpg





★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2014-前期 INDEX  
★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーINDEX
関連記事
[ 2014/08/28 17:26 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3071-3ce172b7