<別府の町> 浜脇界隈 遊郭跡・旅館跡 (大分県別府市)

 別府八湯のひとつ「浜脇温泉」は、「別府温泉発祥の地」、明治時代から続く温泉地で遊郭のある大歓楽街として賑わいを見せていました。
 平成に入ってからは、再開発がなされ、「湯都ピア浜脇」という、健康管理を目的とした多目的温泉保養館がオープン。 町並みは大きく変わったようです。
→ 湯都ピア浜脇




 別府市南部を西から東へと流れる朝見川の南、少し歩けば、栄華の名残が見えてきます。

14100820.jpg




14100822.jpg

14100802.jpg


14100804.jpg

14100805.jpg
「貸席かしく」



14100803.jpg
左の緑のタイル貼の建物も同じく貸席で、「貸席ますや」

どちらも、現役ではない様子。。。




14100807.jpg

14100808.jpg
これも、その類だったのでしょうか。





「浜崎金物店」
貼紙などの様子からは、営業を続けられているようにも思えるのですが。。店舗部分がわかりづらい。
写真の展示されている所へは立入禁止になっていますが、撮った画像を拡大して見てみたら、特別な写真ではなく普通の風景写真のようでした。

14100809.jpg

14100810.jpg

14100812.jpg

14100811.jpg



旅館だったのでしょうか?
14100813.jpg

14100814.jpg



かなりしっかりと重厚な建物です。
14100815.jpg

14100816.jpg





どこか、庶民的な町。
14100818.jpg

14100801.jpg






 すぐ近くに日豊本線が通っています。

14100819.jpg

14100821.jpg
関連記事
[ 2014/10/20 21:56 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(2)

No title

タイルばりや独特の形の窓が遊郭の雰囲気残ってますね。遊郭跡は全国的に減っているようなので貴重だと思います
[ 2014/10/23 22:16 ] [ 編集 ]

☆うてきなぷりぱさん

コメントありがとうございます。
遊郭建築は、普通とは違う独特の雰囲気ありますから、特に時代を感じさせてくれるし貴重ですし、残って欲しいのですが、どうしても消えていく運命ですね。 寂しいです。
[ 2014/10/26 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3098-18144911