<別府の町> 竹瓦温泉~別府駅② 「中浜地蔵」 (大分県別府市)

<日豊本線別府駅-東>




 なんでもない町、人の生活がそのまま見える町を歩くのが好きですが、そんな町を歩いていると、必ず見かけるのが信仰。
何代も前の祖先から受け継がれてきたであろう信仰のカケラ。
小さな祠を見つけたり、小さな鳥居を見つけたり。

 そして別府の町でも見つけました。

14101302.jpg

14101301.jpg


「浜地蔵尊」ではなく、「中浜地蔵尊」なのに、 なにが りぼん なんだか。

それでも 看板に誘われるように まっすぐ30メートル歩いてみました。



14101307.jpg

 案内板から想像してたより、立派なお地蔵さんです。

14101305.jpg

あれ? この先はどこかのお宅?
ん? でも道路が見えてる。。
このまま進んでいいのかなぁ。

14101303.jpg

14101304.jpg


 地元民でない私は やっぱりこのまま進む勇気はなく、どうなってるのかな? ぐるっとまわってみることにしました。





反対側はアーケード商店街。
商店街からお地蔵さんを通り抜けてもいいようになっているのでした。
さらに、休憩所。いや。。町の人々の集いの場になっているのでした。
町の人々が集まり、ここでゆっくりと井戸端会議ならず、地蔵端会議でもされるのでしょうか?
地域密着、信仰密着のとてもいい場所だと思いました。

14101306.jpg

14101308.jpg

14101309.jpg

よく見るとここは、店舗だったようです。







約1500年前に敏達(びたつ)天皇の勅令により、日羅法師が作った歴史ある地蔵尊。別府の瓜生島伝説とも縁あり、その伝説から水害を鎮める神社として大切にされている。
中浜地蔵尊のお地蔵様はとても優しいお地蔵様で、本堂の裏にある「一願石」に、1つだけ願い事を一心に願えば、その願いを聞き入れてくださるそう。願いを届けたい方は、お参り方法に沿って願い事をしてみて。

裏口には休憩所があり、おばあちゃんたちが腰おろして休む微笑ましい光景も。

毎月24日に開かれる地蔵祭にはお茶の振る舞いなども行われ、参拝客に和やかな輪が広がる。


旅手帖 neppu より




関連記事
[ 2014/11/04 22:14 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(2)

No title

最近は、ちょっとでも私有地に踏み入れると不審者扱いされることもあるので、こういう場所だとちょっと躊躇してしまいますね。
[ 2014/11/05 04:21 ] [ 編集 ]

☆ぞうまささん

 細い路地 大好きで、生活の臭いが漂っている場所大好きなんですが、どこまで踏み込んでもいいものか。。ためらいますね。
 友達と一緒だと、少しは心強いですけどね。
[ 2014/11/05 20:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3103-a494ef9b