<別府の町> 別府タワー (大分県別府市)

<日豊本線別府駅-東>



 高校の修学旅行では、別府タワーからフェリーに乗り大阪南港へとの帰路につきました。
タワーでたくさんのお土産を買った記憶やら、地上を見下ろした記憶やらはあるけれど、前後の事はあんまり覚えてない。

 その後も主人の実家が宮崎県ということもあり、国道から、別府タワーを見る事はたびたびあり、そのたび修学旅行の最後はあそこだったなぁ。。思い出すも、訪れる機会はないままでした。
 でも近代建築ファンとして、昭和に建った別府タワーは、絶対に見たいもの。。

 別府駅東口から、まっすぐ海方向へと歩いて、国道10号線に出れば、少し北側に聳え立つタワーを見つける事ができます。


14111210.jpg


14111201.jpg


 いまどきはやりの、スタイリッシュな形ではなく、かわいい形をしていて、懐かしさが漂います。



14111202.jpg

14111220.jpg

 まだ高層ビルなどがない時代に青空に向かってまっすぐ伸びるタワーは、これから伸びようとする日本の象徴のようで、誰もが憧れたでしょう。


14111221.png






14111205.jpg
 
14111207.jpg

床材、エスカレーター。 昭和の趣きがそのままです。



いかにも、上昇中 という感じの、乗り心地の中で見る エレベーター内部も懐かしい雰囲気。

14111203.jpg



14111204.jpg



14111208.jpg






14111217.jpg

14111218.jpg

 さっき、見た外観上部の出っ張りの部分は、床から斜めにのびる硝子壁。
空中の硝子壁は、気持ちいい。


14111211.jpg
北方向。 ずっと先は小倉。

14111215.jpg
南方向。 ずっと先は宮崎。

14111216.jpg
西方向。山手には温泉地が広がっています。









14111213.jpg 14111212_s.jpg


関連記事
[ 2014/11/14 14:08 ] ---まちあるき--- 大分県 | TB(0) | CM(6)

No title

なんとも味のあるタワーですね。
温かみがあります。
50年前は最先端だったのでしょうが
今の時代からみると見方が変わりますね。
今、最先端のタワーとか(スカイツリー等)
も半世紀もたてば
懐かしさを感じるような感覚になるんでしょうかね?

あと僭越ながらマイブログの方で市内の
秘境駅(笑)の記事を2つ程をあげました。
鉄道ジャンルに入れてあるので、またよかったら
読んでみてください。。
[ 2014/11/16 23:57 ] [ 編集 ]

No title

有形文化財のタワーなのですね
[ 2014/11/17 22:26 ] [ 編集 ]

☆タケヘイさん

あの頃、高い建造物と言えば、タワー。
東京タワー、京都タワー 通天閣。。。 人々が天に伸びる建物に憧れた時代。
人々の夢が詰まっているように思います。

この三日間主人の父の様子を見に宮崎に行ってきたのですが、帰りに福岡ポートタワーも見て来ました。
タワーを制覇したいと思っています。 (馬鹿と煙は。。。)

先ほどブログ少し拝見させて頂きました。
市内の秘境駅?。。どこだろ?と思いましたが。。。
私も訪れてみたい駅です。。

[ 2014/11/17 22:37 ] [ 編集 ]

☆うてきなぷりぱさん

このままずっと残って欲しいですね。
[ 2014/11/17 22:38 ] [ 編集 ]

No title

大昔、兄貴が大分の宇佐で仕事しってて、結婚式も宇佐でありました。帰りは夜行の特急が急行で帰ったとおもいます。
夜行の時間まで別府タワーのお風呂に入っていたことを思い出しましたわ。
[ 2014/11/18 11:53 ] [ 編集 ]

☆そば打ちおじさん

コメントありがとうございます♪
夜行列車があった時代いいですね。。 
疲れるのですが、最近 私は夜の移動に魅力を感じています。

タワーにお風呂があったんですね。
修学旅行で行った時には、大きなお土産屋さんがあったような記憶があるのですが、今はありませんでした。
[ 2014/11/18 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3116-03ca8622