<橘通>宮崎市役所・宮崎山形屋・養白寺・田中商店    (宮崎県宮崎市)

 宮崎空港からバスに乗り、宮交シティから、バスで主人の実家へと向かう時、車線の多さと、渋滞の様子と、「橘通○丁目」アナウンスされるバス停の名称から、「橘通」という場所が一番のメインストリートである事は 35年以上前に感じ取りました。

 あの時の賑わいを感じないのは土曜日の午前中だからなのか、時の経過とともに少し寂れてしまったのか。。
そんな「橘通」にポツポツと気になる近代建築がありました。



15011608.jpg
「宮崎市役所」 
1963年12月建築(昭和38年)
大淀川岸で昭和の香りを漂わせています。


15011607.jpg
茶色の建物は、 「宮崎市民プラザ」








15011302.jpg
「宮崎山形屋」
1956年に建築後、増築・増床・新館建築をしていますが、手前の建物の四階部分までは当初のものです。
宮崎県民の最高のブランドでしょうか。
老舗デパートで、イオンに負ける事なく頑張っておられます。





15011801.jpg

15011802.jpg
大通りに面して、ひときわ異彩をはなつ二重の塔。
「養白寺」






15011803.jpg

15011804.jpg
「田中商店」
1931年(昭和6年)建築
貸テナントビルとなっていて、「ファッション3」「NPO法人みやざき子ども文化センター」が入っています。

歩き回って見つけられず。。。バスの中から見つけました。
関連記事
[ 2015/01/27 11:25 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(4)

No title

広島市中心部でも近年百貨店が一つ消えました・。イオンを始めとする流通新興勢力の台頭が原因の一つですが、百貨店側もっと経営努力が必要だと思います、
[ 2015/01/27 22:05 ] [ 編集 ]

☆うてきなぷりぱさん

 ウィキペディアによると、宮崎山形屋は頑張っておられるようです。
イオンのようなスーパーに媚びる事なく、ブランド意識をしっかり持って、対抗するのがいいのではないかと思うのは素人考えなのでしょうかね?
デパートにはデパートの魅力があります。
[ 2015/01/27 22:15 ] [ 編集 ]

先日宮崎山形屋へ少し立ち寄りデパ地下と一階のスタバを利用しましたが夕方の時間帯であの客入りはかなり厳しい感じがしました。

一定の年齢層以上には百貨店は憧れめいたブランド力がありますが、若い人たちから見たら最早魅力を感じないのでしょう。バイヤー能力の高い大都市圏の大手百貨店でも近年苦戦してますから地方百貨店はかなり厳しいと思います。どこにも言えることですが行きたい・買いたいと思わせる個性が欲しいですね。それを見つけるのにどこも苦労しているわけですが…。
[ 2017/04/23 14:19 ] [ 編集 ]

★けんさん

少し前までは 百貨店・デパートにブランド力を感じましたが、最近は 商品そのもののブランド力を求められる時代になったと思います。
若い世代に百貨店を受け入れてもらうようにするにはどうしたらいいのでしょ。モールにばかり人が流れています。
百貨店ならではの、大きな魅力を何かみつけないといけませんね。
[ 2017/04/23 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3148-17a0444d