FC2ブログ







JR西日本 北陸本線3セク移管前直前旅 「筒石駅」 (新潟県糸魚川市)

 「鉄道が好き」と言っても、感性で好きなだけです。
静かな町にある木造駅舎。山の中にポツンとある駅舎。
車窓から見える海岸線。
古い町並み、都会の町並み。
電車に乗っている地元の人の会話。
日本地図を思い浮かべながら、自分はこの場所にいると感じる時。

だから、若い頃から鉄道が好きな人とは違っているし、歴史的な背景も何も知らない初心者です。
駅舎に感動したら、家に帰ってから検索して、なるほど。。と感動する。。
そんな、鉄道ファンです。


「筒石駅」
ここは、テレビ番組で紹介されていて、一度行きたいと思っていました。

この駅が何故に深い場所にあるのか、やっぱり家に帰ってからじっくり調べて納得しました。
親不知駅で見たような、山と海に挟まれた日本海沿岸。
その昔、そこを走っていた北陸本線はその地理的なものから何度も不通となり事故を起こしたのです。
その後、北陸本線はトンネルを走るようになりました。
昭和44年の事でした。

筒石駅は、そのトンネルの中にある駅です。

15031801.jpg

まず、トンネルの形そのままに、壁も配線も何もがそのままの、まるで工事現場でもあるかのような構造に驚きました。


 地下深くのある駅との事だから、とにかく先を行く人に着いていかないと恐いと急ぎます。
15031802.jpg

15031803.jpg
こんな所で迷子になったらどうするんでしょ。

15031804.jpg

15031805.jpg
見守るように、後ろから駅員さんが着いてきてくれていたのを見て、一安心。


15031806.jpg
地上に出るまで、どれだけの距離があるのか想像もつかないので、とにかく前へ前へと進みます。。


15031807.jpg


あ、地上の光が見えてきたかも!!
15031808.jpg

15031809.jpg



ほっ。。待合所です。
15031810.jpg

15031816.jpg

15031817.jpg

15031814.jpg

15031815.jpg

 これまた、何も知りませんでしたが、こちらの駅では、「入坑・入場証明書」が発行されていたり、赤い「青春18切符」が発行されていたそうです。








 山から海岸線へと通じる道路脇の奥に地上駅があります。

15031811_20150316121116a15.jpg

15031812.jpg

15031813.jpg










  ホームまでどれくらいの時間がかかるのでしょう? 日常的に利用している人でもきっと、5分の余裕は必要でしょう。 私などのように、観察しながらホームにたどりつきたいような者は、早めに降りて行きましょう。

15031818.jpg

15031819.jpg

15031820.jpg

15031821.jpg



 こちらが、ホーム手前の待合室となっています。ホームの線路の間はとても狭くなっているので、地元の方は直前までここで待っておられる様子でした。

15031822.jpg




金沢方面行きホーム。
15031823.jpg

15031827.jpg





直江津方面行 ホームにへばりついて、キョロキョロ。。
私鉄の綺麗に整備されている地下鉄ホーム等とは違い、すべてがそのままでむき出しなのが、面白い。
いかにも、トンネル内のホームとしみじみ実感できるのです。
15031824.jpg

15031825.jpg

15031826.jpg

15031828.jpg

15031829.jpg



 3セク移管前半月。
そして現在 ときめき鉄道となりどんな風に変わったのでしょう。
もう、今はJRでないというのが、なんとも寂しくてなりません。





関連記事

No title

今回の旅行はよかったですね、いいところばっかりです。
まるで鉄女さんですね、親不知から筒石だなんて、
TVでよくみてますが、いってみると感じがちがうでしょね。
かなりホームまで遠いですね。駅員さんがちゃんとしてくれているんですね。
[ 2015/03/21 13:05 ] [ 編集 ]

☆そば打ちおじさん

希望していないのに連休が入っていて、折角だからと急遽思いついた旅でした。
3セク移管前ぎりぎりの、お得な旅でした。

親不知で下車したのは私一人で、周りに何もなく、唯一 郵便局があったので心強かったです。
想像以上にすごいところでした。
嵐の中、歩きながら。。「私もなぁ。。変わってるよなぁ。。」としみじみ思いましたよ(笑)

筒石駅は 有名なんで3.4人、鉄道ファンらしき人が降りて、駅の周りの写真を撮り待合室で休んで、次の電車に乗りました。
面白い駅です。
無人駅なんかになったら、大変な事になると思いますよ(笑)
[ 2015/03/21 16:51 ] [ 編集 ]

No title

 すごいなつかしいです。昭和59年2月24日におじゃしました。奇しくもyumeさんが訪問された日にわりと近いようです。この写真を見ながら、当時は国鉄でしたが、当時とあまり変わってないようなので安心しました。
 30年前の記憶を呼び戻していただいてありがとうございます。
[ 2015/03/21 20:39 ] [ 編集 ]

☆うてきなぷりぱさん

さすか、うてきなぷりぱさん。国鉄時代に訪問それていたのですね。

国鉄からJR西日本へ そして 「あいの風とやま鉄道」へ 時代の流れですね。
配管剥き出し、打ちっぱなしのコンクリート。 そんな姿が面白いですね。
国鉄の駅だったからこそなんでしょう。私鉄なら内装を綺麗にしただろうと思います。
駅の利用者は、海辺の人たちが大半なんでしょうか? 坂道をあがってきて、トンネルの下への毎日なんですね。
[ 2015/03/21 21:51 ] [ 編集 ]

No title

いや~これはいい駅ですね。
理屈抜きに行きたくなりました。
駅舎の後ろに線路が無い駅、
この非日常な感覚がたまりませんね。。
[ 2015/03/22 00:25 ] [ 編集 ]

☆タケヘイさん


トンネルの中のホームに続く駅。
駅舎とホームとの高低差は40mだそうです。
このあたりの駅は、海岸線を走り、トンネルはを走り、変化に富んでいて魅力一杯です。
[ 2015/03/22 20:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3202-193e4cf6