中部電力 笹戸発電所 (愛知県豊田市)

笹戸温泉の早朝散歩
 宿泊している旅館の横になにやら気になる建物が見えています。
15052201.jpg


 旅館に戻る前に、寄り道。

15052202.jpg
あっ、発電所。 
主人も私も大好きな産業施設(笑)
旅に出て、二人の趣味が合いお互いが楽しめるのは、このあたりのジャンルかなぁ。。

脇の石段を降りてみましたが、案の定 立入禁止です。

15052203.jpg

15052204.jpg



15052205.jpg

15052206.jpg

15052217.jpg


15052207.jpg 15052208_s.jpg

豊田市内に所在する18ヶ所の発電所のうち、15ヶ所が明治から昭和初期に建設された施設で、笹戸水力発電所は昭和10年竣工。 笹戸水力発電所はアールデコ調の装飾が施され華やかな雰囲気だということで、思いがけず貴重な建物に遭遇できたことに感動。
(豊田市郷土資料館だよりより)




 この先は主人と一緒。(決して立入禁止の場所に入るわけではなく、発電所・ダム好きの主人と楽しむため)
建物ばかりに目が行っていましたが、「反対側に導水管があるはず」と主人。
やはり、違う人の目というものは、大切です。

15052210.jpg
道路を隔てて、斜面を導水管が登っています。

15052212.jpg

15052211.jpg


15052216.jpg
ここでも立入禁止ギリギリのところまで、近づいてみました。
導水管は、この先暗渠となっているのでしょうか。行止りで様子はわかりませんでした。







あたりには、破竹がゴロゴロ。。 特に取りに来る人もいないのでしょうか。
15052213.jpg

15052214.jpg
関連記事
[ 2015/05/25 14:57 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(6)

No title

昔母親の漬けた破竹の漬けものは最高に美味しかったです。
懐かしい食べ物です。梅漬けの紫蘇酢に漬けるんです。
赤くなって美味しいですよ。
もうご飯が進んで、ついつい食べ過ぎてしまいます。
今は田舎にも破竹が無くて(猪に食べられて)
とても残念です。
破竹に限らず筍自体ありません。
隣町の竜王に娘の友達が山を持っていて、
毎年筍は食べられますので、
とても嬉しいです。
田舎育ちの私は山菜を食べて育ってますからね。

[ 2015/05/25 18:53 ] [ 編集 ]

★みちさん

「破竹やけど」と断りを入れて、毎年近所の人が破竹をくださいます。
でも、私は破竹の方が好きなんです。柔らかいでしょ。料理しやすいでしょ。
今日も 破竹と里芋と鶏の煮物が夕食でした。
近所の人は、破竹の取れる場所を知っているそうで朝6時から取りに行って来た。。とおっしゃってました。
ワラビも頂いて厚揚げと炊いたらおいしかったです。
近所の方のおかげで、山菜は毎年口に入ります。。
子供の時は苦手だったのですが、おいしいですよね。。

「破竹」「破竹」となんか、悪いもののように言われますが、私は大好きです。
[ 2015/05/25 21:21 ] [ 編集 ]

No title

矢作川水系は、明治時代から水力発電が行われていました。
古い発電所も多いですが、電力会社の施設で、柵の外から眺めるしかありません…
[ 2015/05/26 05:37 ] [ 編集 ]

★ぞうまささん

人々の生活を支えてきた川なんですね。
川沿いに、車を走らせれば、多く古い電力会社の建物が見られるのでしょうね。

電力所関係の建物 建築として価値あるものが多いですね。
[ 2015/05/26 19:51 ] [ 編集 ]

No title

発電所・変電所等は産業にとって重要施設だった為、建物は非常に頑丈に作られていたそうです。
前に群馬県の館林市という所へ行った時、東武鉄道駅の脇にある館林駅変電所は重厚感というか存在感がものすごかったのを覚えてます(駅舎も昭和初期建築の洋館風の建物で素晴しいものです)。おそらく駅舎と同じ、昭和初期頃に建てられたと思います。
[ 2015/05/30 06:05 ] [ 編集 ]

★アラビアンさん

アラビアンさんコメントありがとうございます。
館林駅、館林駅変電所 画像で確認しました。
どちらも、どっしりと重厚感があり素晴らしいものです。

 西日本にいるととかく、西日本の情報が中心に入ってくるので 今まで東日本の情報というものが大変入りにくかったんです。 アラビアンさんのおかげで、秩父鉄道をはじめ、色々な私好みの情報が入るようになりました。
ツボを同じくする? 知り合いが増えて、大変喜んでいます。
これからもよろしくお願いします。
[ 2015/05/31 10:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3266-134e6266