上信電鉄 「根小屋(ねごや)駅」  (群馬県高崎市)

高崎駅から8分 高崎駅から三つ目の駅です。


15070402.jpg

15070401.jpg

 長い年月の間に、何度も改装、増築を重ねてきたという感じですが、最近はあまり手を加えてはいないのでしょう。
開業当初から何も変わっていないような部分がたくさんあって、時の流れを感じるのに十分な駅舎です。


15070403.jpg

15070405.jpg

15070406.jpg



15070407.jpg

15070408.jpg

15070409.jpg

15070410.jpg

15070411.jpg

15070412.jpg

15070413.jpg

15070414.jpg

15070415.jpg

15070416.jpg

15070417.jpg






15070418.jpg

15070419.jpg
女性駅員さんが、笑顔で電車を迎え、そして深々と頭を下げて見送られます。。




 「どこからお越しですか?」と声をかけてくださいました。

「 関西と言えば、和歌山ではたま駅長が亡くなってしまったけれど、ここにも駅猫が居てみんなにかわいがられたのですよ~
その時かわいがってくれていた小学生の男の子。。 今 運転手になってます。。」

とほほえましいお話をしてくださいました。

15070420.jpg




 「あ、丁度 その時の子が運転している電車が来ました。。  お気をつけていってらっしゃい。。」と
笑顔で送ってくださいました。

15070421.jpg



15070422.jpg


関連記事

No title

わぁ~ 良いなぁ 旅先でいろんな人と出会い、ほほえましいエピソードに
私まで嬉しくなります。旅に行った気分にもなりますね。。
若い頃、私ももう少し勇気があったなら、 いろんな所に
一人旅出来ただろうに、私も旅好きなので、主人と一緒でしたが、
旅の思い出は沢山あります。写真も沢山撮り過ぎて、帰ったらすぐに
写真屋さんに出し、アルバムに貼っていきました。
今はデジカメという便利なものがあり、
写真も家で出来るし楽になりましたね。
元気なうちに 行ける時にって よく友人に言われます。本当ですね、
自分だけでなく、あい方が病気にでもなったら 
それこそ置いては行けないですからね。
[ 2015/07/09 15:48 ] [ 編集 ]

★みちさん

両親が夫婦で年に4回位旅行をしていて、そのアルバムが押入れの下段いっぱいあります。
索引まであるんですよ(笑)
夫婦で青春18切符されてるのをよく見かけます。仲良くいろんなお話して、羨ましいなぁって思いますょ。
お互いの趣味があい、お互いを思いやれるんでしょうね。
みちさん夫婦も、そんな感じ。理想です。

こんなに旅ばかりして、贅沢だなぁ。。と思うんですよ。
でも 本当に、自分も周りも元気で平穏でないと旅行できませんものね。。 そう言い訳して、出かけてます。
母の介護もいつか私が完全にしなくてはならないときがくるでしょうしね。
[ 2015/07/09 19:53 ] [ 編集 ]

No title

無人駅だとおもっていました、駅長さんがいたんですね。
駅長さんもカメラもっていたら声をかけてもらうルンですね。いい関係ですね。

のりすごすと 1時間後ですか。
[ 2015/07/09 22:21 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

殆どの駅に「駅長」と書かれた札が下がっていましたが、駅長さんはおられないと思います。
ローカル鉄道によくおられる、女性アシスタントさんです。
朝夕の忙しい時間の乗降のお手伝いと、駅周辺管理をされている方だと思います。
各駅係員配置時間 → http://www.joshin-dentetsu.co.jp/images/tetudou/sonota/ekikakari-inn-haitihyou261222.pdf
「丁度募集があって、ギリギリの年齢で応募したんですよ」とおっしゃってました。 とても気持ちよくお話してくださる方でした。

昔は駅長さんもおられたのでしょうね。
ダイヤは、40分~50分間隔なので駅めぐりにはいい感じです。
[ 2015/07/10 10:30 ] [ 編集 ]

No title

上信電鉄、4年前の夏、たまたまムーンライトの指定が取れたので出かけました。
訪れたい駅はたくさんありましたが、富岡の製糸場と町並み散策、終点下仁田駅までの乗車と周辺散策しかできませんでした。
[ 2015/07/11 07:25 ] [ 編集 ]

★ぞうまささん

訪れたい場所、見たいものがいっぱいありますからねぇ。限られた時間で何を選ぶかになってきます。
私は今回も「駅」をテーマにした旅だったのですが、途中で少々疲れてきました。 古い駅舎は大好きなんですが、そればかりではどうも。。変化がある方がいいですね。
折角、富岡製糸工場の最寄駅まで行ったのに 素通りとは勿体無いことしてしまったという思いがあります。
でも 訪れれば半日は要しますものね。
下仁田駅は、続く廃線跡もあるようですのに、訪れる駅数重視してしまったもので、終点まで行かなかったんです。これもかなり残念な事だったと思います。 計画のミスが目につく一日目でした。

二度と訪れる事ないだろという場所はしっかりと計画しないといけませんが、見所にも気づきにくいんですよね。
やはり、二度三度訪れないと、すべては見られませんねぇ。
[ 2015/07/11 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3302-f0829f02