わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい “山手” (栃木県日光市)

今度は、駅から山手の方へ進んでみましょう。



15090102.jpg

山に沿ったこの道は何があるのでしょう?



15090103.jpg

渡良瀬川に注ぎ込む小さな川にかかる橋梁は、煉瓦積み。

15090104.jpg

15090105.jpg


15090109.jpg




何年もの間、線路を支えてきました。



15090107.jpg


この道路は、先ほど訪れた足尾駅へと続き、さらに終着駅 間藤まで通じていると、言う事は後日知りました。

 遠くまで行ったのに、とても勿体ない事をしてしまいました。
まぁ。この悔しさをバネにしましょう。
わたらせ渓谷鐵道、次回は晴天の日の姿を、見る事にします。





関連記事

No title

なつかしいです。国鉄時代に行きました。でも冬だったので、もう5時にはまっくら。印象もなかったので、すごく
新鮮な感じがしました。
[ 2015/09/06 09:13 ] [ 編集 ]

★ゆんたくエクスプレスさま

国鉄時代に行っておられるなんて羨ましい限りです。
もっと早くに目覚めていたら、独身の自由な時代に全国あちこち回ったのにと思います。 もしかすると、鉄道にはまりすぎて結婚もしてなかったかもしれません(笑)

猛暑の夏も終わり、すっかり涼しくなりましたが、日も短くなりました。
旅はやっぱり日の長いときがいいですね。

国鉄自体のお話、色々聞かせてくださいね。
[ 2015/09/06 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3334-3fbf1d8e