JR東海・東日本 篠ノ井線・中央本線 「塩尻駅」  (長野県塩尻市)

 奈良井駅を出て、30分で「塩尻駅」です。


篠ノ井線・中央本線の分岐駅。JR東海・東日本の境界駅でもあるため、殆どの場合ここで乗換となります。
15092102.jpg



過去に何度乗り換えたか。。 はじめて塩尻駅というところを訪れた時は、駅に果物の直売所があると期待して売店でお尋ねしたのですが30分位歩かないと、発送してくれるような所はないと言われ、がっかりしたものです。
それほど、このあたりは鉄道というものは、重要視されていないのだという現実を見たような気がしました。
 駅前もひっそりとしていて、やっと見つけたお蕎麦屋さんでの食事。
「遺跡そば幸楽」 静かな店内で落ち着いたおもてなし。 さらに毎年送られてくる年賀状。 なんとも気持ちのいいお店で、乗換の度食事をさせて頂きました。
 一路 中央本線で自宅まで


15092101.jpg

駅の外に出てみて、すぐ、以前と違う空気を感じました。
こんな景色ではなかったはず。





15092103.jpg

15092104.jpg

15092105.jpg

出口を間違えたかと、あちこち歩いてみましたが、駅横にあった幸楽さんも、ちょっとした喫茶店とお店の横丁も見当たらない。
再開発? 駅舎リニューアル?
ぐるぐる回っていたから、駅全景を撮るのも忘れてしまいました。

2014年に駅舎は改装を終えられたそうです。
幸楽さんは、再開発を期に閉店されていたというのは、帰宅後ネットで知りました。
そういえば、年賀状も届いてなかった。。
遠く離れた場所でも、おなじみの風景が消え、行きつけのお店がなくなっているというのは寂しいものです。
離れているからこそ、心で温めているイメージがあります。
時代の波は仕方ないけれど。


信州を思わせる看板がたくさん目につきました。
15092106.jpg

15092115.jpg

15092116.jpg

15092107.jpg

15092113_2015091615295539e.jpg

15092112_2015091615295531e.jpg

15092111.jpg




ガラスブロックの葡萄柄の待合室は以前から変わりなくあるような気がします。
15092110.jpg







さて、あと ひといきです。
15092109.jpg



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3354-4fb77e8b