別子銅山産業遺産 【星越エリア】 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

別子銅山産業遺産 【星越エリア】 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

瀬戸内海に近いこのあたりは、東平エリア、端出場エリアとは違い、かなり明るい雰囲気が漂っています。


「星越エリア」 星越は、大正14年(1926)の新居浜選鉱場の設置に伴って別子鉱山鉄道の星越駅が設置され、昭和4年(1929)に鉱山鉄道が、一般客も利用できるようになり、新たな町が開かれたところであり、現在も当時の面影を残しています。
また、周辺には昭和4年頃から建設された山田社宅幹部社宅群が現存しており、「生きた昭和のまち」となっています。

15100610.jpg



【旧新居浜選鉱場】
大正14年に建設、星越町の前山の斜面を利用した浮遊選鉱施設

15100608.jpg

15100609.jpg

見通しのよい山の斜面にあるので、町を歩いていたら見えてしまう。。 ので、別子銅山産業遺産の中でも誰もが日常的に目にするものであると言えましょ。
当時は多くの人が、働いておられた場所です。



【旧星越駅舎】
別子鉱山鉄道の駅舎として唯一現存しています。
新居浜選鉱場の操業に併せて設置されました。

15100601.jpg
少し前の画像を見ると、趣のある木造駅舎で開業当初からの雰囲気が漂っているのですが、残念ながらリニューアルされているようです。
それでも、きっと当初の駅舎を忠実に再現してくれているのでしょう。
雰囲気は伝わってきます。

15100605.jpg

15100604.jpg

15100602.jpg


線路に向かってのホーム側
立入禁止のようなので、ちらっ。。と写真だけ撮らせていただきました。
15100603.jpg

駅舎に続く、この建物。このビニールの庇、おそらく、売店だったのでしょう。
いい雰囲気が残っています。
15100607.jpg








【山田社宅群】
昭和2年、開発された幹部社宅郡です。

15100512.jpg

15100509.jpg

15100511.jpg

15100513.jpg



今回の旅の友、ぷにょさんは、昨年もここを訪れていますがその時には、「もっと社宅があったはず」と言います。
昭和の雰囲気を漂わせる、 木造平屋社宅もいつしか、完全に姿を消してしまうのでしょうか。
遺構として、せめて一角は保存してほしいと願うところです。
15100514.jpg

15100515.jpg





【西洋社宅】
山田社宅郡の中で、西洋社宅のみが2階建の建物です。
鉱山の外国人技術者のために建設されました。

15100501.jpg

15100502.jpg

15100503.jpg

15100505.jpg

15100508.jpg


町全体が、住友色だった頃が見えてくるようです。


あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX

関連記事
[ 2015/10/06 21:53 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3367-a94be2bd