別子銅山産業遺産 【上原エリア】① “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

別子銅山産業遺産 【上原エリア】①  “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”


15100816.jpg


「上原エリア」 上原には、別子銅山の近代化を指導し、「銅山中興の祖」である住友家初代総理大臣広瀬宰平の居宅であった旧広瀬邸、併設して広瀬歴史記念館があります。


【広瀬歴史記念館】

15100809.jpg

明治二十年に完成した遠州流庭園で面積約三万平方メートルの広瀬公園の一角に、広瀬記念館はあります。

15100810.jpg

15100801.jpg





15100802.jpg

15100803.jpg

15100805.jpg

斬新なデザイン、吸い込まれるようなアプローチ。未来につながる扉 かでもあるように感じます。


15100811.jpg 15100806_s.jpg
 驚いたのは、幕末・明治の動乱期に、政府による接収や住友の経営難による売却から別子銅山をまもり、その開発の近代化を推進した別子銅山、住友にはなくてはならない、「広瀬宰平」という人物が、滋賀県の出身という事でした。

さらに、別子銅山のの人事問題、煙害問題に奔走、活躍した伊庭貞剛は、広瀬宰平の実姉の子供であったという事。
住友の基盤を守り、発展させた重要人物が、我が滋賀県出身である事を知っているのは、県民の何割いるでしょうか?
滋賀県民にまだまだ周知する必要があると、新居浜の地に立ちながら思うのでした。

15100812.jpg


15100813.jpg

15100807.jpg

15100808.jpg








15100814.jpg

15100815.jpg


→ 広瀬歴史記念館


あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX

関連記事
[ 2015/10/07 11:14 ] ---まちあるき--- 愛媛県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3369-67f2f5af