「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記” (愛媛県新居浜市)

「住友別子鉱山鉄道 廃線跡」 “あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記”

住友別子鉱山鉄道は、1977年(昭和52年)まで愛媛県新居浜市において鉱石輸送や旅客輸送を行っていた住友金属鉱山運営の鉱山鉄道(一時期地方鉄道)の通称です。
伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道(山岳鉱山鉄道としては日本初)として1893年(明治26年)に開業しました。

昭和4年から昭和30年まで旅客を乗せていたので、新居浜の人々の生活に密着していた鉄道だったことでしょう。

全廃は昭和52年(1977年)ですが、今も町のあちこちにはっきりとわかる廃線跡があります。


15102601.jpg
マイントピア別子あたりでは、はっきりと線路までが残っています。


別子ラインから見える山沿いに、線路跡とトンネルが見えます。
橋を渡って線路下あたりまで行ってみたのですが、立ち入れなくなっていて、探訪を断念しました。

15102602.jpg


15102603.jpg

15102617.jpg






新居浜駅から西1.5キロの「土居」から「滝の宮公園」を経由して、山根までは、「自転車歩行者専用道」として整備されています。

地図を片手に、それらしきところを、車でウロウロ。。 運転手のぷにょさんありがとうございました。

15102618.jpg 15102617_s.jpg


15102605.jpg

15102606.jpg

15102608.jpg



15102609.jpg

15102613.jpg

15102614.jpg



他にも河川敷が、専用道として整備されています。




もう少し研究すれば、廃線跡めぐりができるかもしれません。
今回、新居浜を観光するにあたっての移動はレンタカーでした。
マイントピアまでは、坂道である上にバスの本数も極端に少ない、とても歩ける距離でもありません。
多くの産業遺産をかかえながら、移動手段がないのはとても残念です。
せめて、鉱山鉄道が存続していたら。。 観光用にだけでも運転されていたら。。
と残念です。


あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX">あかがねのまち新居浜ブロガー旅行記 INDEX




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3384-62ab29f9