観慶(かんけい)丸商店   (宮城県石巻市)

 石巻の町を歩いていて、ひときわ目を惹く建物。
タイル張の建物はそれだけで独特の輝きを持つのに、建物の意匠がまた、目を止めてくれます。

15110501.jpg

15110502.jpg


さほど大きい建物ではないなぁと思うけれど、ただモノじゃない事は確か。


15110519.jpg

15110518.jpg

15110506.jpg


15110507.jpg 15110508.jpg
1930(昭和5)年建築。


石巻市の中心街に位置する陶器店。
開店当時は1階で本業の陶器を、そして2階で化粧品や洋品類を扱い、3階では玩具や文房具や海産物が売られていた。 更に、当初は休憩コーナーに供されたベランダ部分が、後に食堂となった。
市内初の百貨店ということで、当時は相当話題を呼んだという。

(2006年の記事です)



15110509.jpg

15110503.jpg
タイルについては、よくわからないけれど、色とりどりで焼の違うタイルを並べているのは、とてもお洒落。
建物全体にタイルを貼るということそのものが、建築当初には珍しかったでしょう。

15110504.jpg

15110505.jpg

15110512.jpg

15110511.jpg

15110514.jpg

15110515.jpg




15110510.jpg

15110516.jpg

震災前までは現役の建物でした。

建物の外周をくるっと見渡せるのは、周りに建物がないから。
それは、やはり震災の影響なのです。
震災以前の画像を見ると、両隣に建物は存在していました。
築80年以上にもなるこの建物が、生き残れたのは強固なつくりだったからだけではないのでしょうが、残った建物だからこそ大切にされて欲しいと思います。


内部をガラス越しに見てみました。

15110513.jpg

つい先日 11月5日 石巻市の文化財に指定されました。

→ <旧観慶丸商店>津波に耐え…市文化財に指定








15110522.jpg

15110521.jpg
向かい側にも、近代建築が残っていました。
- 旧東北実業銀行石巻支店 -





関連記事
[ 2015/11/07 22:55 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(8)

観慶丸商店

観慶丸商店の建物の外観、今まで一乃が見たことのある、どんな洋館&和洋折衷の建物とも全く違い、びっくりしました!(そんなに多くの建物をみてきたわけじゃないですが(^^A)

オンリーワンな感じがします☆

案内板の「石巻で初めてカレーが出されたお店」…の文字に当時初めてカレーを食べた地元の人はどんな反応をしたのだろうと、気になりました(^^)

震災にも負けずに残ったなんて、本当に昔の建物って頑丈につくってあったんでしょうね。

市文化財に指定…まさにタイムリーですね!
ずっと残っていってほしいですね☆
[ 2015/11/08 20:49 ] [ 編集 ]

No title

yumeさん、こんばんは~
いつも感心しますが、撮影の視点、さすがですね!
見習うべきところが多いです。
石巻は歴史的な建物も残っていて、何度訪ねても素敵な町です。
観慶丸商店は保存されることが決まったようで、二次利用されるかもしれませんが、うれしいですね。
[ 2015/11/09 19:14 ] [ 編集 ]

★藤南一乃さん

オンリーワン
まさしくそうですね。
石巻の町を80年見てきた。。 雨の日も風の日も。雪の日も。 そして震災の時も。。。
そして この先も石巻の町を見守ってほしい建物です。

カレーを食べた事のない人にとって、カレーの味はどんな印象なんでしょう。
辛い? おいしい? 奇妙?(笑)
いずれにせよ、カレーって今の時代も誰もが好んで食べる物なのですから、日本人の口にあったのでしょうね。
当時は「ライスカレー」だったかもしれないなぁなんて思います。

文化財に指定。 どのように活用されるかはわかりませんが、ひと安心です。。
[ 2015/11/09 20:20 ] [ 編集 ]

★つちのこさん

私は、石巻の駅前を少し歩いただけでしたが、素敵な教会もあり、今はどなたかが部材を保管されているとの事でした。
まだまだ素晴らしい建物がたくさん残っていたのでしょう。

観慶丸商店の今後、なかなか見る事ができないので、つちのこさんのブログでの報告を楽しみに待っています。

宮城県、仙台。。を訪れた事で、とっても近く感じるようになりました。
これからも、つちのこさんのブログでずぅ~と町の様子を拝見させて頂きますね。
[ 2015/11/09 20:25 ] [ 編集 ]

観慶丸

遭難した船の名前をお店の名前にしてずっと残していたって、愛着があったのでしょうね。津波にあっても残った建物、たくましさが感じられます。
タイルもいろんなものが使われていて、おもしろいです。
[ 2015/11/13 00:43 ] [ 編集 ]

★vivasanさん

ここまで、表面にタイルを敷き詰めた建物って珍しいですね。
独特の建物だと思います。

津波にも負けず、こうした残ったこと、伝えるものをいっぱい持っている建物なんだと思います。

また いつか訪れる事ができたらいいなと思います。
[ 2015/11/13 21:51 ] [ 編集 ]

No title

私もこの建物一度見てみたいなあと思ってますが、
東北まではなかなか行けないなあと・・
yumeさんの写真で楽しませていただきましたが
ほんとにいろんな種類、色合いのタイルが貼り巡らされてるんですね~
お店は閉鎖中のようですが、震災の影響もほとんど受けずに残っていてくれてよかったです~
またいつかじっくり見に行きたいです。
[ 2015/11/18 22:31 ] [ 編集 ]

★mayumamaさん

私も東北ははじめてでした。関西人にとって一番遠いのが東北なんですよね。 北海道はツアーなどでよく行く人多いけど。東北はなんとも中途半端な距離で。。。
ぷにょさんのおかげです。 今回の東北旅、すべてぷにょさんがお膳立てしてくださいました。

こちらの建物、私も感動しましたが、タイル好きの mayumamaさん ぷにょさんにはたまらないものだと思います。
震災にも負けずに生き残ったというのが嬉しいです。
[ 2015/11/20 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3396-b43584f0