山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーへ行ってきます

 2012年から毎年、旅をさせて頂いている「山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー」
 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー


 今年も選考頂きました。
おかげさまで、「山陰海岸ジオパーク通」になれるんじゃないかというほど、多くの場所を訪問しましたが 実は海岸沿いばかりで、内陸部がすっぽりと抜けています。
それは何故かと聞かれれば?(笑)  公共交通機関が未発達なのが一番の原因でありましょう。
どうしても、路線図がはっきりしていてわかりやすい、JRや京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)で訪れやすい場所ばかりに目がいきます。
さりとて、ジオパークの魅力は、内陸部にこそ秘めたものが隠されていそうじゃありませんか。


15110701.png



少し前まで西端は白兎海岸でしたが、少し広がっていますので、西端を押さえるべく、まずは、「鹿野城下町」を訪れ、あと内陸部へと足を伸ばしましょう。
ただ、路線バスでの移動は、時間がかかるため、意外に多くの場所を訪れる事ができません。
でもまたこれもバス旅の醍醐味としまししょう。

近頃流行の、「路線バスの旅」のように行く先々で接続便を確認しながら、目的地へ向かうというのも 面白そうではありますが、制約された時間のなかでかなり厳しく、綿密な計画を立てました。
不明な点は、バス会社に直接電話して教えて頂きましたが、実に対応がいいんです。
さぁ~て。。うまく行けるかなぁ。。
ちょっとドキドキしていますが、今日 高速バスで鳥取入します。

帰ったら、旅行記を進めますのでよろしくお願いします。


山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2015後期 INDEX

山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 全記事 INDEX


関連記事
[ 2015/11/16 15:00 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

No title

なんで男のたびはないのかな。
女性陣はうまくブログで発信してくれからかな。
私は年に1回は山陰にいくのですか。
[ 2015/11/17 03:07 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

以前 滋賀県が「仏女ブロガー」「歴女ブロガー」を募集されていた時は、特に「女性に限る」という但書はありませんでした。
山陰はどうだったかなぁ?
何も女性に限ることありませんよね。
男性にも素敵なブロガーさんいっぱいおられます。。
このコメントを見て、来年は大々的に男性も募集されるかもしれませんね。
[ 2015/11/20 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3399-d4393ff8