鳴子温泉元祖うなぎ湯の宿 「ゆさや」  (宮城県大崎市)

 今回の東北の旅。
実はすべてぷにょさんが計画してくれました。
格安飛行機の手配、旅館の手配。旅をするにあたって、これほどにノータッチだったのは久しぶりでありがたい事でした♪
宿も、「ふるさと割」を使って5000円引き。
おかげさまで、素晴らしい宿に宿泊することができました。

鳴子温泉元祖うなぎ湯の宿 「ゆさや」

創業380年の伝統を誇る宿。木造2階建て純日本建築は国の「登録有形文化財」
お部屋についての説明はこちらです → お部屋のご案内

 さすがに、最近 歴史ある温泉旅館めぐりをされているぷにょさんだけの事はあります。

15111001.jpg

15111003.jpg

15111004.jpg


「旅館」と言うよりも「旅篭」と言うのがふさわしい。。
旅の情緒がたっぷりです。



15111008.jpg

「さきほどの電車でお着きになりました? おっしゃってくだされば、お迎えにあがりましたのに」と。
そういや、改札を出るなり 何人かの番頭さんが宿名を染め抜いた旗を持って並んでおられました。 昔の旅館ドラマのようだと思ってみていたけれど、もしかしたら 「ゆさや」さんもおられたのかもしれません。
まさか、「お迎え」なんて待遇に私達は慣れていませんから、さがすこともしなかったのです。


15111010.jpg

15111011.jpg
ピンボケになってしまっていますが、「町長さんも太鼓判 日本観光旅館連名」の文字が、昭和を感じます。



15111006.jpg

15111007.jpg

温泉はこじんまりとこんな感じですが、いかにも「温泉」と言った雰囲気。
体の芯まで、お湯の温かさがしみこんでいく感じがわかるんです。
やっぱり、家のお湯とは全くちがうなあと、体が感じます。
お湯はぬるっとしていますが、お肌がすべすべ。。


15111002.jpg
「ゆさや表側全景 江戸時代から明治23年にもらい火で全焼するまでの建物。玄関脇で人力車が客を待っている」


15111009.jpg
「ゆさや全景 昭和11年に建てられた現在の建物の原型。屋根が二重になり玄関の屋根に特徴がある」




15111012.jpg
翌朝の画像です。
坂道に立つ、宿。これまた風情を感じます。

関連記事
[ 2015/11/13 11:12 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3401-c3a63a70