鹿野城下町<8> 「鹿野苑(ろくやえん) 「城山神社」 “ガイドさんとともに” (鳥取県鳥取市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>


鹿野苑 ・ 城山神社

「鹿野城下町」
築城年は定かではありませんが、室町時代に志加奴氏によって築城されました。関ヶ原合戦後、この地を治めた亀井玆矩は鹿野城並びに城下町の大改修を行い、現在の町並みの基礎を作りました。現在鹿野城周辺は「鹿野城跡公園」として整備されています。

ガイドさんのお話によります、亀井氏は戦については、いまひとつ、さえなかったそうですか、町づくりには長けていたそうです。
道理で町のあちこちに水路が張り巡らされていました。
地域の住民にとっては、住みやすい地になることは、喜ばしいことだったことでしょう。


15112101.jpg 15112102_20151120172342ab0.jpg




鹿野城跡公園の一角にある「鹿野苑」
鹿野苑とは、サーナルート。釈迦が悟りを開いた後、初めて説法を説いた地とされる場所の事だそうです。

15112103.jpg 15112104_20151120172342e19.jpg
 亀井茲矩氏は、このような尊い名前をこの地につけ、この地が平和であることを念じたと書かれています。
さぞかし心の美しいお方だったのでしょう。。



「城山神社」

鷲峰山ふもとの、鳥居の先に続く石段

15112108.jpg

15112107.jpg




先ほど、教えてもらったのは、ほうら、黄色くいろづいている左側の木の上に見えているオレンジ色の屋根。
あれが社殿であるそうです。
15112109.jpg

「登ってみましょうか?」とおっしゃいましたが、雨も降ることだし、すべったら大変(笑)と。。断念
鹿野城の守り神とそれ 古くから町民によって崇敬されていました。

江戸時代初期には一時廃れていた「鹿野祭」は、江戸時代後期に町民より再興。現在も続き、鳥取県の無形文化財に指定されています。
小さな町の、大きなお祭。
今でも、人々の楽しみであり続けているのです。


山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2015後期 INDEX

山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 全記事 INDEX






関連記事
[ 2015/11/20 17:46 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3411-d84a68ae