私の元旦 

 私の仕事は年末年始に休みを取る事はできません。
幸い元旦営業の店ではないので、唯一、元旦だけ休めるのですが。。 「朝10時集合」の義務が。。
父の兄弟は男3人、女3人。 
私が物心ついた時から、元旦には男3人の兄弟とその家族が父の実家に集まり、お墓参りをするのが決まりでした。
それは、私が高校生になっても続きましたが、結婚と同時に行かなくなりました。

父が亡くなった年に変わりに行ってから。。  義務化されてしまった。。。
二人姉妹で長女ですが、養子を貰ったわけではないのに。。 なぜに?
父の兄弟は既に全員他界していて、次の世代の参加となっているのに。。

なんて。。新年から親戚づきあいに愚痴を言ってはいけません。
元気で、親戚が集まれる事に感謝しましょう。。


父の一族が眠るお墓への道。。 毎年 獅子舞と出会います。
昔は、お正月の風物詩でもありましたが、最近では珍しくなりました。

16010206.jpg

16010207.jpg




お墓参りの後は、父のお寺へ新年のご挨拶です。
16010208.jpg




 さてと。。昨晩の食事にお刺身がなかったのは、ちよっと寂しかったなあ。
車に乗れない私が寄り道できる元旦営業のお店って、唯一ここだけ。
電車途中下車。
16010209.jpg


福袋、新年のお菓子、ご馳走。
多くの人が訪れていて、お正月気分。

そうだ。。 「花びら餅」を買おう!!
お煎茶を習っていた時から、花びら餅を食べないとお正月気分になれなくなったのですが、期間限定。なかなか手に入れることができません。
新年早々の自分のための贅沢。。




ところが、家に帰ると、三女もそれを覚えていてくれて、買ってきてくれていました。

16010201.jpg
お店が重ならなかったから、食べ比べです。


16010203.jpg

16010205.jpg

牛蒡が柔らかい。。




16010202.jpg

16010204.jpg

牛蒡と人参で紅白を表現しているのでしょうか?
柔らかくのびやかな食感でした。


来年は、京都の和菓子屋さんの、はなびら餅も食べてみたいです。

関連記事
[ 2016/01/05 22:30 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

明けましておめでとうございます
今年も愉しくお付きあいさせてくださいませ

とても賑やかで、たのしいお正月を過ごされたご様子、なによりです。

道中で出会われた伊勢大神楽...どちらの社中かな~? 伊勢大神楽ファンとしては気になる気になる~

花びら餅、中村軒のもおいしいですよね♪
母もお煎茶していたので、緑茶大好きです~♪

[ 2016/01/07 01:49 ] [ 編集 ]

★sho惑星さま

こちらこそ、よろしくお願い致します。
早速のコメントありがとうございます。

伊勢太神楽に、いくつかの社中がある事を知りませんでした。
ただ、毎年この場所(小関の等正寺界隈)で、お見かけする獅子舞の近くには「島根」ナンバーの車が停まっているので、出雲からいらしているのかなぁと、思っています。
sho惑星さんのところで見せて頂いた、伊勢太神楽のように華やかではないので他のものかなぁ。。と思っています。
この日、意外だったのは、お寺の中でも(等正寺ではありません)舞っておられたこと、天台宗のお寺だからなぁと。。親族一同で見入ってしまいました。。
母の実家にも、毎年獅子舞が来るのですが、どうもタイミングが合いません。 来年はずぅ~と待っていようかなあ。。

おかあさまは、どちらの流派でお煎茶なされていらっしゃったのでしょう?
私は、黄檗売茶流でした。 20年位続けていました。 

今でも、ほっ。。と一息つきたいとき、珈琲でなく あつ~ぃ。。お煎茶入れています。
[ 2016/01/07 11:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3439-0e736e61