神の郷温泉まんじゅう (宮崎県小林市)

 話があちこち飛びますが、昨年暮れにイレウスで10日間入院して退院してきた、翌々日は主人の父の法事へ行きました。
診断書を頂いて仕事を休んでいる中、非常に申し訳ない気分だったのですが、主治医の許可も出たし、大切な義父の一周忌ですし、新幹線を乗り継ぐだけの事なので、翌日に喪服やらなんやらの旅支度をしました。
新大阪から、新八代まで「さくら」  いつもローカル線の旅ばかりをしている私にとって、飛ぶような景色は目を見張ってしまう。 乗ったと思ったらすぐ岡山、広島。 座席指定の快適さも病み上がりには快適。
ただ、ひとつひとつ停車する駅名、乗り降りする人々で感じる、ゆっくりした移動感がないのは、寂しい、「八代」に到着した感覚が薄いのです。

 二泊三日の一周忌旅でかつ、主人方の親戚の中ですから、写真は殆ど撮っていません。
目に留まったものをゆっくり観察、撮影する事もできなかったのですが、一人旅とは目的が違うので仕方ありません。

法要後の事場所は 「神の郷温泉」
小林にこんな洒落たところがあったかしらん?

16010407.png
「小林市」
知名度の低い町です。 えびの高原の近く、鹿児島に近い山の中と言えばわかるかもしれません。





16010401.jpg

16010404.jpg



「神の郷温泉」について、ウィキペディアで調べても出てこないし、検索でも特に歴史的なものも出てきません。
ただ、スーパー銭湯の類ではなく、きちんとした温泉であり、それを近年、施設として整備した場所でしょうか。

宿泊、事のできる、界隈では立派な施設です。
→ 恵の湯 神の郷温泉

写真はありません。
唯一、温泉まんじゅうの写真を撮りました(笑)

16010402.jpg 16010403_s.jpg


16010405.jpg
 この形と色にひかれました。

温泉まんじゅうと言えば、ほくほく湯煙中で蒸しあげてるイメージがありますが、ペタンとした形が面白い。

16010406.jpg
説明書きにあるように、皮の部分 かなりの弾力と伸びがあり 珍しい感です。 固すぎない歯ごたえが面白い。

 小さな町の温泉まんじゅうですが、多くのみなさんの口に入るといいなぁって思いました。



神の郷温泉、法事でのお事をすると、入浴券がついていて、当日中ならいつでも入浴できます。
家に帰り、一息ついたあと、主人の母、義妹 義弟と一緒に 再び温泉へ行きました。
ゆっくり、のんびり 体温まりました。


関連記事
[ 2016/01/10 12:07 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3442-ccf2139a