鳴子温泉 (宮城県大崎市)

 さて、去年11月の旅。
更新が途中になったままです。
はじめての東北。二泊目が「鳴子温泉」 日の落ちた温泉街に「こけし」が優しく華やかに浮き上がる風景に心穏やかに 夜の温泉街を楽しみました。 
→ 鳴子温泉へ

翌朝、明るくなった「鳴子温泉」もまた、独特の優しい雰囲気が漂っています。

16010601.jpg

16010602.jpg



16010603.jpg

16010604.jpg

16010605.jpg

16010606.jpg

16010607.jpg

16010608.jpg

16010609.jpg

16010611.jpg

16010612.jpg

16010613.jpg

16010614_201601112223535c9.jpg

16010615.jpg

16010515.jpg









16010506.jpg
16010507.jpg

16010610.jpg

16010616.jpg



子供の頃、お土産に「こけし」をよく頂きました。
昭和の思い出です。
自然なままの、昭和の香りがする鳴子温泉です。





関連記事
[ 2016/01/11 22:32 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

No title

yumeさん、お疲れ様です私が鳴子を訪れたときは
国鉄鳴子駅、東鳴子駅は御殿湯駅に変わりました。時は移れど、温泉街の風情はそのままですね。滞在時間は1時間ほどあったので、また行ってみたいけど東北は遠すぎる。まさに道の奥です。
[ 2016/01/12 20:16 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

関西人に一番馴染みのないのが東北。
北海道はツアーも多く、飛行機でひととっびですが、東北はその手前で。
だからこそ、憧れてしまいます。 今回は、仙台という都会を中心に回ったのですが、いつか いわゆる「鄙びた」風景を見にいきたいと思っています。
でも やっぱり遠い。。。。

温泉も、今まで訪れた温泉とは全く違っていたし、旅館のお料理も見た事のない配膳だったし。
全く知らない文化があるんだと思います。

行きたい所がいっぱいありますが、ひとつひとつ。。のんびり訪れるしかありませんね。
[ 2016/01/12 21:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3443-ef00fc73