JR東日本 睦羽東線 「鳴子温泉駅」 (宮城県大崎市)

 東北、鳴子温泉の玄関口。

16010801.jpg

16010802.jpg

16010803.jpg


鳴子温泉郷は、趣のある温泉が多く、温泉巡りをするのも面白そうです。
同行のぷにょさんとは、ここから別行動。でも。。。後から話を聞けば、ご一緒すれば良かったと後悔。。



16010804.jpg

16010806.jpg
硝子障子のドアの駅を見るのは、ここがはじめて。
ガラガラガラ~。。 いい音ですものね。

この駅には とにかく「こけし」がいっぱいいらっしゃるんです。

駅長こけしさん
16010807.jpg

出札口の窓の上にも、こけしがずらり。
16010815.jpg




16010809.jpg

16010810.jpg

16010812.jpg

16010811.jpg



「喜観舎(きかんしゃ)」と名づけられている無料休憩所。
休憩所というよりホールな感じ。
イベントが催されることがあるのでしょう。

16010816.jpg

16010814.jpg



待合室にある売店。
最近は、殆どコンビニになっているのですが、いかにも「売店」という感じが懐かしい。
どれにしようかなぁ。。と庶民的に眺められます。
16010817.jpg

16010805.jpg


観光地らしい、懐かしさの漂う駅でした。





関連記事

No title

yumeさん、お疲れ様です
♪ 街を歩けば下駄も鳴子 いいフレーズですね。随分駅の趣は変わりましたが、温泉の玄関としての雰囲気は健在で一安心です。
[ 2016/01/14 00:21 ] [ 編集 ]

こけし…

お写真の中に、昔実家にあったこけしにそっくりな子がいてびっくりです!鳴子温泉のお土産だったのかな(^^A)←本人は行った事ないので不明です

喜観舎、屋根付きでしかも屋内なら雪の日も安心してイベントとか見られそうですね。おざぶも色とりどりですね。

自販機のON OFFの表示は??あんまり見た事ないので分からないのですが、これにはどのような意味があるのでしょう(?_?)

あ、大変おそくなりましたが、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2016/01/14 20:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/14 20:12 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

うてきなぷりぱさんが訪ねられた時の、鳴子温泉駅はどんな風だったのでしょう?
鳴子温泉の風情に溶け込むような鄙びた駅だったのでしょうね。

鳴子温泉駅に着いた時は夕方でしたが、こういう温泉街はもっと早くに着くか、夜歩きが寒くない季節がいいですね。
[ 2016/01/14 21:41 ] [ 編集 ]

★藤南一乃さん

一乃さん、お久しぶりです♪
昔は、旅行のお土産に「こけし」が多かったでしょ。 私の実家にもあったし、娘はこけしを玩具にして遊んだりしてましたよ(笑)
かわいいですよねぇ。
これまた、ずらりと並ぶと圧巻なんです。 欲しくなります。 いくつか買って飾りたいとも思いました。

駅舎でのイベント楽しそうですね。
こんな温泉街にゆっくり滞在してみたいです。

自動販売機のON OFF 私も始めてみました。
こんな感じのようです → http://www.jama-vm.com/image/naruhodo_book.pdf
[ 2016/01/14 21:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3445-bb900375