JR東日本 陸羽東線 鳴子温泉駅~新庄駅 (宮城県大崎市~山形県新庄市)

 列車は東北の内陸部へと走ります。

16011201.jpg

16011202.jpg
「日本こけし館」界隈にある「鳴子峡」 タクシーの運転手さんが、このあたりで一番の紅葉の名所だとおっしゃっていましたが、なるほど、多くの人が、おられます。
列車内でも、鳴子峡についての案内がありました。
(拡大写真のため、不鮮明で申し訳ありません)

16011203.jpg

16011204.jpg



温泉駅が続き、そしてのどかな風景が、車窓に流れます。
16011205.jpg


16011206.jpg




16011216.jpg

16011207.jpg
「五月雨を集めてはやし最上川」
耳から聞くだけだった、地名が此処。 
遠くに来たなぁ、という感動はやはり、関西からずっと離れた地のため大きいものです。

16011208.jpg


16011209.jpg







16011210.jpg

16011211.jpg

16011212.jpg




「新庄駅」
山形新幹線の終着駅です。
在来線のホームに新幹線が居ることに驚きました。

16011213.jpg

16011214.jpg

16011215.jpg

ここで 奥羽本線に乗り換えます。



関連記事

No title

確かに在来線と新幹線が共用というのは我々にとっては頭では分かっていても実際現地で初めて見ると一瞬目を疑う光景ですよね。

新庄、懐かしいです。訪れていたお寺の先でたまたま出会った観光ボランティアの方に車で新庄駅まで送ってもらい、予定よりも1本早い陸羽西線の列車に乗れました。1本早いと言っても2時間近く早い列車なんですよね。人の温かさに触れた街のひとつです。
[ 2016/01/17 07:54 ] [ 編集 ]

No title

懐かしい風景ですね。
つい先日仙台へ行きましたが、海側へ行ったので陸羽東線はまたまたリトライせずじまいです。
そして、最後は足湯新幹線「とれいゆ」の写真ですね。一度乗ってみたいものです。
[ 2016/01/17 16:52 ] [ 編集 ]

★けんさん

そうなんです。新幹線が在来線と一緒に走ってるなんてとんでもない風景に見えるけど、またそれが珍しくって面白いんですよね。

観光ボランティアさん、私も旅先で親切にして頂くことたびたびです。
2時間も早い列車に乗れるなんて、時間がすごく有効に使えてよかったですね。
新庄は乗換だけに降りたので、町を見る事ができませんでした。 次回はゆっくり途中下車してみようと思います。
[ 2016/01/18 21:42 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

さすが、karesansui さん車輌について詳しいですね。
「足湯新幹線 とれいゆ」 調べてみました。
新幹線の中で足湯ができるんですかぁ。。 さすが東北ですね。

先日、「花嫁のれん」に乗ってきました。 また記事アップしますね。
[ 2016/01/18 21:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3448-843591b3