和倉温泉 多田屋での食事 “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市)

温泉があまりに気持ちよく長湯をしてしまって、事処へ行くのが遅くなってしまったけれど、心地よく迎えてくださいました。

16012001.jpg

うわぁ~~。 一番に蟹が目につきました。
基本プランだから、一般的な懐石プランだと思っていました。

16012002.jpg
しっかりと、身のつまったカニ。香りもしっかり、甘みもしっかり。久しぶりにおいしい蟹に遭遇。
これでもか、という位に身を ホジホジ。 最初っから大満足。。


16012007.jpg
お伴は、杏酒のロック。






16012003.jpg

16012004.jpg

16012005.jpg
海老むかご銀杏松葉打ち 干し柿バター  百合根茶巾 絹桃柚餅 海鼠ポン酢  梅チーズ 松風



16012006.jpg
石川県吟醸酒の吟醸豆腐
ぷりぷりとしていて、とってもいい香りでした。


16012008.jpg
お造り。
盛り付け、器も、一流どころですが 新鮮さもお味もなかなか美味でした。


16012009.jpg
16012010.jpg
能登地方の赤土で作られている能登大根 「能登娘」
 酢だちを絞れば、赤みを増す。。。。 おぅ~ なんとも色っぽい。。。


16012011.jpg
ステーキも、とろ~り。。



16012012.jpg
16012013.jpg
目鯛西京朴葉焼
お箸で、つるんととれる身はプリプリと甘みが広がります。




16012014.jpg

16012015.jpg
急須に、遊び心。優しいうさぎさん。。

16012016.jpg
栗プリン。
これがまた、しつこくない甘さ。心地よい仕上げとなりました。

ころあいを見て、運ばれてくる暖かいお料理。
の進み具合で、御飯の量も加減してくださいます。
見た目も、お味も最高。。
心地よい空間。
旅の楽しみで、重きは 「」にあるので、ここで満足できれば、いい思い出の始まり。。

「ごちそうさまでした おいしかったです。」と心をこめてご挨拶しました。







翌朝

16012017.jpg

16012018.jpg
やっぱり 日本人。
朝は和がいい。
バイキングより、ゆっくり座って頂くほうが落ち着きます。。

冬の朝の、お鍋 温まります。










関連記事
[ 2016/01/24 21:00 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(6)

No title

本当にいい料理ですね、やはり和倉温泉ですね。
いまや新幹線でいっぱいだから、旅館もやる気満々ですよね。
[ 2016/01/25 10:49 ] [ 編集 ]

No title

yumeさん、お疲れ様です。私は朝ごはんを重視してますよ。最近はバイキングとかが多いですが、気の利いた
メニューの朝食がでてくるとテンション上がること請け合いです。朝は特に前夜にお酒がはいると、ついつい食欲も
湿りがちですが、それでも箸が進む朝食がでてくるお宿
はポイント高くなります。夕食ばかりがクローズアップされがちなので、、、ラストのお鍋気になります
[ 2016/01/25 20:52 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

そば打ちおじさんは、温泉などについてよくご存知ですが、和倉はやはり格式が高いのでしょうか?
歓楽街のようなところもなく(あるのかな)お土産屋さんのようなところもなく、上品な温泉でした。
加賀屋ほどに有名な旅館ではないのに、従業員の方もみなさんとっても、いい応対をしてくださいました。
[ 2016/01/25 21:03 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

 1人で鉄道旅をしている時はね始発に近い電車からスタートするので、ビジネスホテルについている朝食を食べる時間もなく、朝 コンビニで買ったおにぎりを食べてます。

 でも、いわゆる旅行は のーんびり朝ごはん食べたいですね。
このお鍋。主人と「家では夕食の鍋やね」と話してました。夫婦2人、この程度の鍋で夜は終わりです。

朝からお鍋は体があったまってよかったです。 おだしも美味しかったです。


のーんびりとした旅行もいいものです。
[ 2016/01/25 21:09 ] [ 編集 ]

No title

いいですねぇ、温泉に和食。
こちらは年中暑い(一年中最高気温30度以上です)なので、温泉に入ろうという気持ちにはなりませんが、寒い気候に温泉という組み合わせが懐かしい気分になりますね。
[ 2016/01/31 18:05 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

寒いと、暖かくならないかなぁと。。  暑いと涼しくならないかなぁ。。 と勝手な事ばかり言ってますが、やはり四季があるというのはありがたい事ですね。 季節ごとの楽しみもあるけど、生活にめりはりができるし、四季がいろんな事との記憶と重なったりしますもの。

30度以上。湿気の方はいかがですか? カラッとしていれば、さほど苦痛ではないのでしょうけど。。
[ 2016/01/31 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3455-385350e8