JR西日本七尾線・のと鉄道 「和倉温泉駅」 “おとなび北陸フリー切符の旅” (石川県七尾市)

16012201.jpg

 和倉温泉の玄関口 「和倉温泉駅」

2010年 北陸の旅 のと鉄道途中下車の旅をした時、和倉温泉駅での乗降せず、ひとつ手前の七尾駅で「のと鉄道」に乗り換えました。
R七尾線が津幡駅~七尾駅~和倉温泉駅  のと鉄道が 七尾~穴水駅
七尾駅→和倉温泉駅間は JRは特急のみ、 のと鉄道は普通列車のみ という特殊な形。
普通列車のみで和倉温泉駅に行こうとすると、七尾駅での乗換になります。



目をひくのは、優雅な赤色に白抜きの駅名と、まぁるい大きなわっか。
16012202.jpg

16012203.jpg

静かな七尾の町の勇壮な姿の「でか山」 いつか見てみたいものです。









16012206.jpg

16012209.jpg

16012204.jpg
昭和55年に改修されているとの事ですが、昭和40年代 日本が元気に伸びようとした時代の面持ちが随所にあって、懐かしい雰囲気。
ようやく、日本人に「レジャー」という余裕が出来てきた頃でしょうか。





16012207.jpg

16012216.jpg
冬の寒い能登地方に、kioskのある待合所は嬉しい場所。
多くの観光客が、旅の高揚を抱いて此処に座ってきたのでしょう。





16012205.jpg

16012208.jpg

16012214.jpg



16012211.jpg

16012212.jpg

特急列車名にもなっている、「能登かがり火」

キリコ祭りに代表される「火」や「灯り」を連想させる夏祭りが多く存在し、このような「火」と結びついた幻想的な能登の風景、かがり火の燃え盛る勢いをイメージして命名されたそうです。





16012213.jpg




16012215.jpg








関連記事

No title

yumeさん、お疲れ様です。最近キオスク見かけなくなりました。私の最寄駅はセブンイレブンですし、随分様変わりしましたよ駅の売店も。改札も自動じゃないところがいいですね。
[ 2016/01/26 21:13 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

 うてきなぷりぱさん。実はここキオスクではなかったんです。
レシートを見たら ディリーインでした。 申し訳ないです。
でもこの形態はキオスクを思わせます。 というより、キオスクのままなのじゃないかと思います。
いい雰囲気です。

有人改札は、ほっ。。とします。
改札口を見るだけで、心休まります。。
[ 2016/01/26 22:21 ] [ 編集 ]

有人改札

そう言えば、金沢駅も有人改札だったような・・

普段あまり注意して見ていないので、すぐに忘れてしまいます。
yumeさんのように、興味深く、何事にもじっくり目を向けることが肝心ですね。

見習います~m(_ _)m
[ 2016/01/27 19:46 ] [ 編集 ]

めりぃさん

いえいえ。。 私も今、はて? 今回どうだったか?と。。頭をひねっているところなんです(笑)
今回は、企画切符だったために、有人の所ばかりを通りました。 と。。言い訳になります。
鉄道ファンとしてよーく見るべきでした。

以前は確かに有人改札でした。改札に駅員さんが立っておられると、暖かい空気が流れますね。
[ 2016/01/27 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3457-2942b410