和倉温泉駅 売店 にて “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市)

 私の周りの駅では、最近 kiosk がなくなりほとんどがコンビニなりました。
ここ和倉温泉駅は、その kiosk を思わせる駅売店がありました。

和倉温泉駅の滞在時間が長かったので、色々と利用させて頂きました。



16012401.jpg
衝動買いが一番多いと言われる場所に置いてあった、これにまんまとひっかかってしまいました。
みそまんじゅうも気になるのですが、大好きなのが「えがらまんじゅう」
みっけ!!
もちもちとした饅頭の生地にくちなしで色づけされた餅米をのせ、中はこしあん。この饅頭は、餅米が、栗のいがらに似ていることから名づけられ『イガ』がなまって『えがら』と呼ばれるようになったそうです。
表面の餅米の食感と、皮の硬さが大好きで、北陸に来るとさがしてしまうもの。。
生菓子なのでふたつだけ購入。






16012402.jpg
ぐるーりと見渡すと、こんな菓子パン。
大手メーカー主流になってしまった菓子パンですが、地元で作られたパンというものにいつも目がいきます。
素朴なパッケージがいいじゃないですか。

16012405.jpg

16012406.jpg
食パンにクリーム等を挟んだだけ。家でもできるんちゃうん?ってのが、またたまりません。

こういうパンを見つけるとつい買ってしまいます。
→ だるま屋製パン所 (滋賀県彦根市)
→ つるやのサラダパン (滋賀県長浜市)
→ ササキパン本店 (京都府京都市)


「頭脳パン」というのは埼玉県で作られていますが、この中に入っている記憶力や集中力アップに効果があるビタミンBIが多く含まれているという「頭脳粉」。 これが金沢市で作られているのです。
受験シーズンになると、滋賀ではずらりと並んだりします。




鉄道旅の楽しみのひとつに「駅弁」がありますが、 ひとりローカル鉄道旅ではなかなか機会もないもの。
今日は 主人と一緒。指定席。 
こんな時ならではです。

16012404.jpg

16012409.jpg

16012407.jpg
玉子で巻いているというのが優しい。
でんぶの甘みも加わって、なかなか美味でした。





16012403.jpg

16012408.jpg
小食なのにこんなお弁当を買ってしまう主人。
写真を撮るの忘れました。



メーカーの作ったお弁当でなく、地元でつくられた素朴なお弁当。 お饅頭。パン。。
これでこそ、旅気分です。



関連記事

No title

yumeさん、お疲れ様です。今やネットで全国のものが簡単に手に入るようですが、現地にいかないと食べられないものもあっていいと思います。実はこれが究極のグルメかもしれません、サンドパン気になります。家ではできないから存在しているのだと思いますよ。
[ 2016/01/27 22:29 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

 ネット通販で 全国各地のどのようなものでも手に入るようになり、便利ではあるのですが、やはり本当に足を運んだからこそ手に入るものこそが、ご当地グルメだと思っています。 待って待って 苦労して口に入れたからこそ、有難いんだと思うのですよ。
こんな事言うと、「時代遅れ」と言われそうです。。 ぁ、「時代遅れ」と言う言葉こそが時代遅れなのですが。。

 サンドパンは、ジャムなどをはさんだだけ(今じゃ フィリングという?)のものですが、商品化しようとすると均等にはさむのが大変なのかもしれません。

 旅先で、社民的なご当地グルメに出会うと、嬉しいです。
[ 2016/01/27 22:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3458-f9965782