のと鉄道 「のと里山里海号」 車窓 “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市・穴水市)

 優しい口調のアテンダントさんの丁寧な案内と、ビューポイントでの徐行。
すっかり身をゆだねた観光気分です。



16012601.jpg
「田鶴浜駅」
建具の街なんですか。。
駅名標のくたびれ具合に歴史を感じます。


16012604.jpg
「能登中島駅」
郵便車のある駅です。
→ 2010年 能登中島駅


16012605.jpg







16012606.jpg
西岸駅

→ 2010年 西岸駅
→ 2010年 西岸駅界隈を歩く。。
なかなかいい雰囲気の駅舎でした。



16012607.jpg
「湯乃鷺駅」
なかなかいい名前の駅です。
前回も下車していないので、次回は是非にと思います。


16012608.jpg

16012609.jpg






16012610.jpg
「ボラ待ちやぐら」
やぐらの上で、ボラという魚の群れを見張って、網をたぐるという原始的な漁法で、最盛期には、町内に40基を超えるやぐらが立てられていたそうです。





16012611.jpg
七尾湾に突き出た、小さな半島。そこにある鎮守の森。。 いい雰囲気です。


16012612.jpg
終着 「穴水駅」の手前にある乙ヶ崎トンネルでの イルミネーション。
のと鉄道のみなさんの手作りなんだそうです。

短い区間ですが、車内に差し込む色とりどりの光に 歓声。
画像はうまく撮れませんでした。


やがて、終着 穴水駅に到着します。






すれ違う列車は 昨日富山ライトレールでも出あった「鉄道むすめ」車輌
16012602.jpg

アニメ「花咲くいろは」車輌 
16012603.jpg

帰路 こちらの列車に乗ったら アナウンスもキャラクターの声で、どっぷり アニメにはまっている列車でした。









関連記事

イルミネーション!

うまく撮れなかったと仰っていますが、トンネルでのイルミネーションのお写真、まるで映画とかで見るような宇宙旅行ワープ(?)みたいできれいです!

上から二枚目の列車のヘッドマークはなんでしょう??

湯乃鷺駅…湯とつくからには温泉もあるのでしょうか。
[ 2016/01/31 15:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/31 15:09 ] [ 編集 ]

No title

yumeさん、お疲れ様です。とどのつまりのぼらですね。河口とかに普通にいますけど、意外と食べる機会がないですね。それにしても櫓、とてもデザインがいいですね。
[ 2016/01/31 17:55 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

 調べて見ると、釣り上げるのは難しいそうですね。
櫓で、じっと海を見つめて待つ。 これもなかなか大変なお仕事ですね。
[ 2016/01/31 22:08 ] [ 編集 ]

No title

昨今はJR九州の成功をうけて観光列車ブームですが、どこまで続くんでしょうか。といいつつ、肥薩おれんじ鉄道の「おれんじ食堂」に興味津々です。
いい風景は鉄道旅の一番のご馳走ですからね。シンガポールでは考えようもありません。
今日(1月31日)のシンガポールの天気は晴のち雨、最高気温31度、平均湿度は86%でした・・・と書けば、だいたいどんな気候か想像つきますでしょうか。暮らしていると慣れますけど、そうとう蒸し暑く感じると思います。
[ 2016/02/01 01:27 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

 JR九州の列車は華やかで、楽しくって心ウキウキしますね。
でも大丈夫なんだろうか?と。。 いつも心配しています。

夏がとくにかく苦手で、夏はどこにも出かけず仕事以外は夏眠してしまう私です。
あと何度 この夏を越さなければいけないのだろう?とすら思います。

karesansui さん。。一年中そのような気候だなんて。。 室内は冷房が効いているのでしょうか。。
北海道の寒さ対策のように、十分な蒸し暑さ対策が出来ているのでしょうか。。

お体 気をつけてお過ごしくださいね
[ 2016/02/01 23:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3461-1da1ff70