三度目の「穴水駅」  “おとなび北陸フリー切符の旅” (石川県穴水市)

 山本コータローとウィークエンドの「岬めぐり」という曲が流行った頃が、丁度友達同士で旅をしようかという年齢でした。
高校を卒業した春には、室戸岬、足摺岬を訪ねる旅、 そして結婚前は能登半島の禄剛崎を目指して旅をしました。
今から10年前の事、嘘です。 数十年前の事。
京都駅から夜行列車に乗り、金沢駅に到着したのは朝の3時。 やけに天井の高い木の香りのする待合室で始発電車を待ちました。
その先の記憶が薄い、朝一番に 時国家を訪れた記憶からすれば、「輪島駅」まで行ってバスに乗ったのでしょうか。
辿れる記憶と言えば、どこかの駅からかなり歩いて「恋路海岸」に行ったこと。帰りはヒッチハイクで駅まで戻った。
禄剛崎まではバスに長く揺れたような記憶があるけれど、寂しい場所で広い駐車場はあるものの、人は少ない大きなお店で御昼御飯を食べました。
どこかのユースホステルまでは、川沿いをかなり歩いた。 そこで知り合ったカッコイイお兄さん。。23歳だったなぁ。

恋路海岸へ行くために降りた駅はきっと「松波駅」で、
ユースホステルは「穴水青年の家 ユースホステル」だった事は、写真でわかるだけ。
国鉄が能登半島をかなりカバーしていたものの、バスもかなり乗ったのでしょう。

16012820.jpg


16012830.jpg

16012831.jpg

16012832.jpg

松波駅は能登線にありますから、穴水駅で乗り換えたのでしょう。
当時の鉄道がどんな状況だったのか、運転間隔 時間。
アルバムに貼り付けてある切符も印刷がすっかり消えて何も見えない。


 月日が流れ、能登半島の先近くまで列車で行けた時代は終わりました。



 再び能登を訪れたのは5年前。
のと鉄道 終着 「穴水駅」 この先に私の思い出がいっぱい残っている。
→  のと鉄道 「穴水駅」 2010年
→ のと鉄道 「穴水駅」の先に続く線路。。




2016年 三度目の穴水駅です。


16012819.jpg

16012811.jpg

16012810.jpg


16012812.jpg

16012804.jpg











16012805.jpg


16012815.jpg

16012806.jpg



5年前には、能登中島駅に置いてあった「能登恋路号」
「のと恋路号」(NT800形気動車)
1988年~2002年 定期運用されていました。
大きな窓にカーテン。
車内デッキ寄りには海側に面してソファを配し、デッキ部には自動販売機、トイレ、サービスカウンターを備えるなどハイグレードな車内設備を備えていたという豪華列車です。






16012802.jpg

16012808.jpg

16012807.jpg





16012814.jpg

16012801.jpg



さきほどから、なにやら磯の香り、香ばしい香りがしていると思ったら
「穴水駅ホームあつあつ亭」でした。
→ 穴水駅ホームあつあつ亭

跨線橋が食事処 
いいですねぇ~~
これは、勉強不足でした。
16012817.jpg

16012818.jpg

次回は是非是非。



帰りは普通電車ですが、こんなに華やかな電車です。
「登場キャラクターを演じる声優によるオリジナル車内放送」 これが独特でした(笑)
CDになって販売もされていて、ファンの方々には好評のようです

16012809.jpg

16012813.jpg




16012816.jpg
のと山里海里号の切符には、帰りの乗車券もついています、お水・ドラ焼のお土産つき。 お得な列車だと思います。





関連記事

No title

yumeさん、お疲れさまです。古きよき国鉄時代の
写真ありがとうございます。
 ただ一つ言えることはyumeさんの御主人は筋金入りの面食いだったことですね。うらやましいです。

 岬めぐりは私が人生初のカラオケで最初に歌った思い出の曲です。いまでもユーチューブで聴いてますよ。
[ 2016/01/31 21:55 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

遠き若かりし頃の写真。これはもう時効の写真ですから掲載してしまいました。
この画像から私を想像しても、似ても似つきません。。

岬めぐり、音楽の時間にスペリオパイプで吹きました。

最近、ひょんな事から(ある鉄道番組で) さだまさしの案山子が気になり ユーチューブで聴きました。
いわゆるラブソングと違い人生模様を唄った歌詞が多く、早朝までイヤホンで聴き続けてしまいました。
素晴らしい詩がたくさんあること、いまさら気づきました。

[ 2016/01/31 22:16 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは
yumeさんの若い頃の思い出話をゆっくり聞いてみたいです
色々な思い出があるんでしょうね
一度聞かせてくださいね 楽しみにしています
石川県は未踏な土地です
行ってみたいなー
[ 2016/01/31 22:25 ] [ 編集 ]

No title

お~yumeさんのお宝写真公開ですね(^^)
私もこの辺りはオートバイで何回か行きました。
懐かしいです。
バイクで走りながら、能登線の気動車が走っている
のを見た光景は今でも覚えています。
あと「この駅、お客さんいるんかいな?」
と思うような寂しい佇まいの駅があったのもうっすら
覚えています。
ちょうどこのころは、鉄道より車やバイクに目覚めた
頃だったので、乗ることはありませんでした。
今となっては残念です。
北陸鉄道能登線というのもあったんですね。
知りませんでした。
6年前の穴水駅の記事で私がコメント入れていたのも
驚きました(笑)
もう長いおつきあいですね(^^)
[ 2016/01/31 23:07 ] [ 編集 ]

能登半島に一度行ってみたい

能登半島には行ったことがありません。
青春18切符の時期に行ってみようかな。。
あっ!今は青春18切符では行けなくなったんでしたっけ?
[ 2016/02/01 00:47 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

みえはるさん、石川県が未踏の地だったなんて意外でした。
岐阜県と石川県。近いような気かするのですが、山を越えないといけませんものね。

若いときの思い出はみなさん、いっぱい持っておられると思います。みえはるさんも色々あったんでしょうねぇ。。
思い出談義に花を咲かせてみたいですね。
[ 2016/02/01 22:42 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

タケヘイさん、長いおつきあいありがとうございます。
念願かなって?(笑)昨年はお話することも出来て、より一層親密感が沸いています。

6年前の記事のコメント、タケヘイさんをはじめ、みなさん同じメンバーなんですよね。
このように長くコンスタントにコメントくださる方がいらっしゃるつて嬉しいし大切にしなくては思います。

オートバイで能登半島ですか、かなりの距離でしょうが、気持ちいいでしょうね。
私も能登半島を一周してみたくなりました。 バスは通っているのかなぁ。
ちょっと 物悲しい雰囲気がなんともいえません。
[ 2016/02/01 22:50 ] [ 編集 ]

★ecoboo さん

北陸新幹線開通して、JRが分断されてしまいました。
旧北陸本線は第三セクターとなり青春18切符は 飛び線となってしまった高山本線 氷見線などに乗り換えるためなら下車できるという特例ができたのではなかったかなぁ。
七尾線も七尾までですから、その先はのと鉄道かバス。。

昔は能登半島の先まで行けたのに。。
寂しくなってしまいました。。

いけないとなると ますます行きたくなるのが人の心です(笑)
[ 2016/02/01 22:55 ] [ 編集 ]

懐かしい!

あの時代のスタイルですね。髪型といい、袖丈の短い上着といい。
私の「岬めぐり」は丹後半島でした。

私も能登半島を一周して時国家にも行ったのですが、どうやって行ったのか、鉄道がどこまで繋がっていたのか、記憶にありません。人にお任せの旅だったせいかもしれませんが、その点ブログに書き残している現在のほうが記録に残っていいかもしれません。
[ 2016/02/04 23:54 ] [ 編集 ]

★vivasanさん

お久しぶりです。
そう。。あの頃です(笑)これでも流行の大先端?だったような気がします(笑)
丹後半島はまだ一周した事ありません。面白そうですね。

能登半島旅行をする前、四国の岬巡りしましたよ。 足摺岬、室戸岬。
三宮から船で鳴門に入り、鳴門、室戸岬、高知市内、足摺岬のユースホステルに泊まりました。帰りは高知港から大阪南港までフェリーでした。あの頃は、まだ国鉄が走っていたけれど、足摺岬まではバスだったか、タクシーだったか。。
四国旅の方がよく覚えています。

あの頃から旅の計画は私で、能登半島は完全に私一人で計画したのに何故か記憶が薄いんですよ。
[ 2016/02/05 14:35 ] [ 編集 ]

写真

yumeさんのお若いころの写真、懐かしく拝見しました(笑)

当時はお互いに知らなかったのに、なぜか昔からの友達だったような・・そんな気持ちになりました。

たぶん、同じような時代を生きてきたからでしょうか。


昔の駅舎と、今の駅舎。
比較すると、こんなにも違うものなのですね。
貴重な写真です。

[ 2016/02/12 20:08 ] [ 編集 ]

★めりぃさん

昔から友達だったのかもしれませんよ(笑)
いつの間に年月が流れたのか(笑) まだ19歳20歳の時と同じような気持ちでいるのに。。実際は風貌も変わり駅舎も変わり。。。
でもその変化が生きた証でもあるんですものね。
[ 2016/02/12 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3462-cac60009