古地図 “おとなび北陸フリー切符の旅” (石川県)

 友達と能登半島を旅した時の経路がどうも気になって、父の書棚をごそごそ。
昭和48年の地図がありました。

16020701.jpg
能登線で蛸島まで行って、そのあと海岸線を走る道路をバスで行ったのでしょう。
当時 バスの時刻を知るのは、大きな国鉄時刻表だけだったはず。
地図とガイドブックだけで、能登旅行を計画したのは、友達でなく やはり私でした。
あの頃からすでに旅好きだったんでしょう。

16020702.jpg
穴水駅から伸びる 七尾線も勿論健在です。



文字色
ついでに、気になる場所。いつか訪ねた飾磨港線。
16020703.jpg

→ 国鉄(JR)飾磨港線跡を辿る 


地図をみはじめれば、キリがありません。

関連記事
[ 2016/02/08 22:32 ] ---まちあるき--- 石川県 | TB(0) | CM(6)

No title

yumeさん、お疲れ様です。私が気になったのは1枚目の
地図の2か所のYH ですね。私は利用したことはないですがこのころはお世話になった若者も多いのでないでしょうか。宮島口のあったYH今もあるのかな。
[ 2016/02/09 22:26 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

私が若い頃は、若者はみんなYHでした。
今のようにビジネスホテルもなかったし、リーズナブルに旅をするならYH
夜のミーティングも、健全で楽しかった。 いい時代だったなぁと思います。

そこかしこにありましたね。
今は、さがすのが難しいくらいです。
[ 2016/02/09 22:42 ] [ 編集 ]

No title

古い地図がよくありましたね。見ていて思い出しました。私は輪島まで鉄道で行って、バスで時国家とか岬をまわり、蛸島からまた鉄道で帰ってきたのでした。
YHもよく泊まりましたね。
[ 2016/02/10 00:44 ] [ 編集 ]

★vivasanさん

私も多分、vivasanさんと同じコースだったと思いますが、時国家へバスで行った記憶が全くありません(笑)
鉄道にも興味がなく勿体無いことをしました。
[ 2016/02/10 22:46 ] [ 編集 ]

No title

飾磨港線にいかれたんですか、おお昔に開通した線ですね、工場があったからでしょうね。いまは山陽電車が飾磨まで行っているんですね。
yumeさんたいしたものですわ。
[ 2016/02/13 01:55 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

編集中のカテゴリ欄を見て、記事を見てくださったのですね。ありがとうございます。
飾磨港線については、いつものぷにょさんが教えて下さっての訪問でした。 古い地図と今の地図を片手に、とっても楽しいひと時でした。 廃線跡めぐりも楽しいです。
そしてこのように、それらしきを感じられる跡がかすかに残っているというのがまた最高です。。
[ 2016/02/13 20:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3470-44dede19