信州大好き!! ‘信州・私鉄の旅’ (長野県)

ずっと遠くまで続く高原。高い山。。
あーやっぱり信州!!と 深呼吸してしまいます。
そんな中を駆け抜ける電車。
降り立った駅は、澄みきった空気の中で、時を越えた様相を健気に感じさせてくれます。
あーー いいなぁ。。
もっとどっぷりとつかりたいなぁ。。

信州は裏切りません。。すべてが素晴らしい。





 私が始めて信州に足を踏み入れたのは中学三年生の時の修学旅行。近隣の学校は東京や日光を訪れていた時代に、なぜか東京と信州でした。
でも、決められたルートをバスで行くだけ。それより友達とのおしゃべりに夢中だったり、好きな男の子の行動ばかりみていたり(笑)
蓼科高原、鬼押出し、善光寺。
記憶の中で、際立っているのは 長野駅から椅子の夜行列車で大津駅まで帰ってきたこと。薄暗い中で車内を友達と歩き回ったこと。

 鉄道が好きになって、まだ間もないころ。身延線に乗ってみようと思い訪れたのが、意識して信州に足を踏み入れた最初。
ペンションのおじさんに標高が一番高いところにあるという「野辺山駅」まで車で送ってもらったのも、スイッチバックの姨捨駅に行ったのも、小海線に乗ったのも、今思えば鉄道ファンとしては魅力的な事なのに、まだまだ何もわかっていない時でした。
 その後、何度訪れたでしょう。飯田線で長野県入した事もあったし、松本を訪れたこともなり、諏訪湖を訪れた事もありました。
 そのどれもで、素晴らしい景色に出会えました。


0608091_2016042421370621e.jpg
(2006)

12081911_20160424214111b7d.jpg
(2012)











 今回は、念願だった上田電鉄、長野電鉄が目的でしたが、その道中出会ったすべてが最高でした。
この感動をどうしようか、缶詰にでもつめこめたらいいのにと。。
このような状況に居ることができるすべてに感謝だと。。。

それほどにいい旅でした。
 上田電鉄、長野電鉄には何年も前から乗りたいと思っていたのですが、長野までの足が見つかりませんでした。
青春18切符なら松本まででも14時にしか到着できません。
最大2日の連休。。なんとか無理して3日の連休しか取れない身で、それだけの移動時間は致命的。
さりとて、新幹線・特急を使うほどの余裕もなく、半ば諦めていました。
ふと、何年も前に調べて見つけられなかった高速バス路線が今はあるかもしれないと再検索。。
ありましたありました♪
阪急とアルピコ交通の共同運転という信頼のおけるバスです。平日の早得を使えばビジネスホテルに宿泊できる値段で移動ができます。。
これはうれしい♪ 光が見えました。。


16042602.jpg
発着場も多くの高速バスが行き来する八条口でなく烏丸口のわかりやすい場所です。


16042604.jpg

16042601.jpg
23時台に甲信越へのバスが多く、たくさんの人が待っておられました。

このあと、画像を撮りませんでしたが、3列独立シートはうれしいです。 隣に人がおられると何かと気を使います。
夜行バスは何台か乗ってますが、私にとっての第一条件は「独立シート」だと再確認。
ただ、車内は暗くなるというものの、仕切りのカーテンがなかったのはちよっと残念でした。
もうひとつの条件は「トイレ付き」 まだ夜中にトイレに通う年齢ではありませんが(笑) トイレのないバスは2時間おきにインターで休憩がありその都度、放送があり目覚めてしまいます。 トイレがあれば就寝前の休憩の後は、ゆっくり眠れます。



と いうことで快適パスでした。
でも。。乗車前にカフェオレを飲んだのが悪かったのか、眠りは浅かったのです。
16042603.jpg

16042605.jpg








一泊は上田市内のビジネスホテルでしたが、翌日は再び夜行バス。 二日間の休日をフルに使います。

16042506.jpg
長野駅前の乗り場は降車の時にも案内がありましたが、アルピコ交通の営業所前。わかりやすいきちんとした場所でした。

16042606.jpg


行きの夜行バスが眠れなかったのに、二日間は電車に乗り降り、町歩きを存分に楽しんだため、帰りは熟睡でした♪
高速バスで眠るコツ。。 睡眠不足になっておくこと。。です (笑)


 京都駅到着、自宅に帰り洗面・化粧・着替えをすませて、何食わぬ顔で自転車で出勤。。

楽しい二日間でした。
体力があるうち、元気なうち、時間をうまく使って あちこちら行きたいと思います。

関連記事
[ 2016/04/25 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(6)

信州、いいですよね~
なんでしょうか、澄んだ空気感というのでしょうか・
立派な山々が連なっているのがまたいいですね。
レポ楽しみにしております。
[ 2016/04/25 21:07 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

いいですよねぇ~
大自然に恵まれている。なんでもある。。
広大な感じがたまりません。。

と言っても、いつも通り。 駅舎訪問メインです(笑)
また気がむいたら遊びに来てくださいね♪
[ 2016/04/25 21:37 ] [ 編集 ]

yumeさん、例の件ありがとうございましたm(__)m

このバスはアルピコ担当便ですね。最近はカラーリングなどだけでバス会社が分かるまでの深夜バスマニアになりつつあります(笑)真田丸効果で上田は盛り上がっていたんじゃないでしょうか?
[ 2016/04/29 07:48 ] [ 編集 ]

★けんさん

お返事遅くなってしまってごめんなさいね。
深夜バスマニアですか。。 いいですねぇ。
寝ていれば、早朝に目的地に到着。これほどいいことはありませんよね(笑) 時間を有効に使えます。
けんさんはバスで眠れる方ですか?
私はあまり眠れない方なのですが、たいてい帰りのバスは寝ています。だからやはり思いっきり疲れてバスに乗るのがいいのかもなんて思ったりします(笑)
あと ここにも書きましたように、3列独立シートのトイレ付きが条件かなぁって思っています。
それと、一緒に知らない人とバスで一夜を過ごすというのもなかなか面白い感覚でして。。 私もマニアになりつつあります。
またいろいろ教えてくださいね。 そういうサイトもあるのかな?


上田に到着したのは夜暗くなってからでしたが、一面 真田丸でしたね。。
今年は私も一生懸命見ているので感動でした。
来週半ばあたりから上田電鉄のお話になるかなぁって思っています。

またいろいろお話しましょう。
[ 2016/04/30 22:22 ] [ 編集 ]

信州

いよいよ信州の記事が始まりましたね。
私も信州大好きです。

え・・2日間で、往復夜行バスで行かれたのですか?
すごいハードですね。

私も同じ京都駅前発の阪急バスで、長野方面に行ったことがあります。
降りたのは、長野駅の手前の川中島。
京都駅から目的の川中島まで直接行けるので、感激しました。

確か、バスの中に飲み物が準備されていて、好きなように飲めた記憶があります。
コーヒーは飲まなかったけれど、やっぱり眠れませんでした(笑)
[ 2016/05/02 21:20 ] [ 編集 ]

★めりぃさん

お返事遅くなってすみません。
前半、親戚の葬儀へ80歳の叔父叔母を連れて神戸まで。 帰ったその日から娘家族の帰省で孫6人を含めての大家族の生活、今さっき帰っていきました。。


同じバスですね。 飲み物はありましたが、みなさん飲んでいらっしゃらなかったからちらちら見ていただけでした。
信州 また行きたいけどどこがいいかなぁと。。また考え中です。
川中島からはどちらへいかれました?

こんなハードな旅ができるのはあと僅かでしょ(笑)
家族環境が許されなくなることも考えると早くもっとどこかへ行きたいと思います。
[ 2016/05/08 18:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3520-a0d140c0