上田電鉄 「別所温泉駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)

 上田電鉄別所線終着駅「別所温泉駅」
都心部、乗降客の多い町から、住宅地、そして次第に山手に進み、終着駅、そしてそこが温泉地と言うのは、近鉄の湯の山温泉駅に、似ているけれど、もっと明るい感じかなぁ。


16053221.jpg

16053201.jpg




 
待合所は、綺麗に再塗装されたりはしていますが、昔からのそのままの姿を見る事ができます。
16053207.jpg

16053206.jpg

16053208.jpg

16053215.jpg

16053209.jpg

16053214.jpg

16053210.jpg

16053211.jpg








16053205.jpg

16053213.jpg
桜満開!!!!
意識して桜の季節を選んだわけではないけれど、今回どこの駅も桜に彩られていました。

16053204.jpg

16053219.jpg
ここで、発着する電車を見て時を過ごすのもいいでしょう。




ホーム向かい側。
16053217.jpg


駅の横面、裏側。
どこから見ても美しい姿です。
16053203.jpg

16053202.jpg




別所温泉街をまわって帰ってきたら、たくさんの人で駅がにぎわっていました。
16053218.jpg




別所駅には、袴姿の女性駅長さんがいらっしゃって、暖かくお出迎え、お見送りしてくださいます。
16053220.jpg



関連記事

別所温泉駅

この駅は大正10年の開業です。昔のままの駅ですわね、私も行っています。さくらの時ではなかったけど、本当にいい雰囲気のえきです。
丸窓電車が置いていたはずですが、もう移動したのかな。
駅長さんも7年前とは変わっていますね。
[ 2016/05/31 10:06 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

いつも書いていますが、そば打ちおじさん 本当にどこでも行っておられますね。
かなりの旅行好き、鉄道好きなんですね♪

別所温泉駅と、中塩田駅は共通デザインですが、終着駅と中間駅でまた雰囲気は違ってきますね。
路線の終着駅が温泉というのは、たまらなく旅情を誘います。
今と違って、温泉旅行が唯一の楽しみだった時代には、多くの人が心のやすらぎを求めて訪れたのでしょう。。 そんな事を思うとますます暖かみを感じます。

駅長さん。。 長年やっておられるのですね。
[ 2016/06/01 09:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3553-eae6fcaf