しなの鉄道 「大屋駅」前で、お蕎麦 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 次の電車まで、少し時間があります。
ここらあたりで事をしないと、またお昼抜きになります。
ローカル線の旅は、そういうもの。 自分が惹かれる駅で降りれば、そこには、何もありません。





駅前に「お事」のノボリ発見。

16060608.jpg


16060606.jpg

16060601.jpg





16060602.jpg

なかなかいい雰囲気。
駅前で何年も飲店をやってきているのでしょう。
親に連れられ、外に目を輝かせていた幼き昭和の時代の雰囲気が漂っています。

16060603.jpg




16060605.jpg
信州と言えば、お蕎麦。
ところが、昨日からまだ一度も口にしていないし、このままだと、お蕎麦をべないままかもしれません。
果たして、このお店の蕎麦が、生粋の信州産であるかどうかはわからないのですが、どうしても蕎麦をべたかったのです。

具たっぷりの天婦羅蕎麦。
よくわからないけれど、滋賀でべるお蕎麦よりおいしかったのは確かです(笑)


やはり、信州。
善光寺の笹熊手が掲げられていました。
16060604.jpg






事を終えて振り返れば、ここきビジネスホテルなのでした。
16060607.jpg



関連記事
[ 2016/06/07 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3563-19ecbfc3