しなの鉄道「軽井沢駅」 界隈 軽井沢の町散策 “信州・私鉄の旅”  (長野県北佐久郡)


 軽井沢の観光的中心が「旧軽井沢」「軽井沢銀座」であるということは、旅の直前に調べ、バスがあるのだという情報までは得ていましたが、バス停がよくわからず、観光協会でお聞きしました。
「バスはありますが、歩いても20分程度なんで町を見て歩かれるといいと思いますよ」とのお返事。。

 関西人ですから、軽井沢については「上流階級の避暑地」という概念のみ。この間 ブラタモリで、町の様子を見たのが始めて。

まぁ。。いっか。歩いてみましょ。

16061201.jpg

16061206.jpg


 駅前からひろーい道がまっすぐ続いています。



16061202.jpg

16061203.jpg

16061204.jpg

16061205.jpg

 さすが、軽井沢。なんだかお洒落なお店が建ち並んでいるじゃありませんか。




16061207.jpg



16061208.jpg

16061215.jpg

16061209.jpg

あ、軽井沢は、古き良きものも大切に、お洒落に利用するんですね。
こちらのケーキ屋さんには、昭和のケーキがありそうです。バタークリームケーキもあるのかなぁ。
こんな時、車旅だったらいいのになぁと思います。



16061211.jpg
「゛72 NAGANO」 には、何か意味があるのかと調べてみましたが、浅間山荘事件があった年というだけでした。。


16061213.jpg

16061216.jpg

16061218.jpg

16061221.jpg

16061219.jpg





かつて 軽井沢の町は、草軽鉄道で 草津温泉と結ばれていました。

16061210.jpg


こちらのお土産屋さんは、草軽交通の経営です。
昭和35年に新軽井沢と上州三原駅間が廃止
昭和37年 全廃 となりましたが、「草軽交通」というバス会社として現在も残っています。
鉄道方面でもっと勉強してから行けばまた視点も変わっただろうにと後悔。
16061212.jpg

16061214.jpg



16061220.jpg


関連記事
[ 2016/06/13 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3569-0219b6a4