しなの鉄道 「軽井沢駅」界隈 散策 [軽井沢集会堂] “信州・私鉄の旅” (長野県北佐久郡)

 軽井沢は近代建築の宝庫。 ヴォーリズ建築の宝庫。
今回は、途中下車して「軽井沢」って所を、とりあえず見てこようという気持ちだったので、具体的場所も調べていませんでした。
観光案内所で頂いたマップを参考に、近代建築らしい場所に行ってみました。

 軽井沢銀座からは、ほんの一本 路地を入るだけ、という場所でこの建物発見。

16061401.jpg

 ヴォーリズ建築とすぐわかる建物。
大正13年 三越社長、朝吹常吉ら日本人有志14名の出資によって建設されました。

W.M.ヴォーリズ建築


16061402.jpg
表札は建設当時のままのものだそうです。

16061403.jpg

16061404.jpg

16061405.jpg


少しずつ、手は加えられているけれど、綺麗に保存されています。
赤い瓦屋根。下見板張がヴォーリズさんらしさです。


現在でも催事場、講演会、コンサートに使用されているそうです。




銀座通りも一歩入れば、異国情緒すら感じる白樺並木の 軽井沢です。




16061406.jpg



関連記事
[ 2016/06/15 13:42 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3571-0cdf3687