箱根登山鉄道 「宮ノ下駅」界隈ぶらり “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)

 風情ある駅舎があるところを見つけて、旅に出ます。
みなさんのブログや、画像検索を手掛かりに降りたい駅をピックアップして、時刻表とにらめっこして少しでも、多くの駅に下車出来るように計画します。
時間に余裕があるわけではないので、その程度の計画で出発するもので、いざ現地に行って戸惑うこと、見落とすこと疑問に思うことがたくさんあります。
 そして、このようにブログ記事にしようと、ゆっくり調べていて明らかになっていくことが多くあります。
ま、そんな意味で ブログは旅の復習のようなものでもありましょう(笑)

 少し前に書いた、東海道本線は小田原以西は旧東海道に並行せず、箱根登山鉄道が並行している。これはなぜ?というのが、疑問でした。 気になれば、追求したい。追求した 東海道本線は地理的な事情で国府津以西を旧東海道沿は通さなかったのでした。
これに危機感を感じ 旧東海道沿に「箱根馬車鉄道」を走らせたのが「箱根登山鉄道」の始まりなのです。
(このあたりについては、図書館で本を借りてきて、さらに追及したいと思っています。)


「宮ノ下駅」を出れば急な下り坂が国道1号線へと続きます。急な下り坂であるのに心地よさを感じるのは横にあるお洒落なお店のおかげでしょうか? 坂の下に広がる町から湧き上がってくる優しさのおかげでしょうか。

16070901.jpg

16070902.jpg






16070904.jpg
「宮ノ下温泉」
江戸時代から街道沿いで慕われてきた温泉です。
このような案内板も長く受け継がれてきた雰囲気が漂っています。



16070905.jpg
こんな、お店の案内板も懐かしいけれど、「ローソン」が溶け込んでいるのが面白いです。


広くはなくカーブが続く道路はいかにも街道らしい。
でもここは国道、交通量が多いのです。

16070907.jpg

16070908.jpg

16070910.jpg

16070915.jpg

16070916.jpg

16070917.jpg

16070918.jpg








16070921.jpg

16070922.jpg

16070909.jpg


国道沿に、旧東海道の雰囲気を残す町並がそのまま残っているのが珍しい。
国府津の町を少し歩いた時もそうだったなぁ。 関東の旧東海道の特徴でもあるのでしょうか。



16070911.jpg
もっとゆっくりこの町を歩いて、ゆっくり 「箱根ぜんざい」でも食べたかったなぁ。


国道から駅への坂道には、こんな貼り紙をしている喫茶店もありました。
16070903.jpg
関連記事
[ 2016/07/09 17:30 ] ---まちあるき--- 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3595-9dae86fc