伊東温泉 ぶらり。 “伊豆・箱根の旅”  (静岡県伊東市)


 伊東駅を出るとすぐ、お土産屋さん。お店の看板も並び、昭和の香りがしてきます。
だいたい、「温泉」という所は、昭和30年 40年頃に全盛期を迎えたところが多いでしょう。
今や、若い人のレジャーはテーマパークで、温泉へ行く若い家族は少なくなっているのだと思います。
だからこそ、温泉街を歩くは楽しい。

鮮魚でなく「ひもの」が名産になっているのは、気候のおかげなのでしょうか。
16071601.jpg

16071603.jpg

16071611.jpg

16071612.jpg





16071602.jpg

16071604.jpg

16071605.jpg

16071606.jpg

16071607.jpg

16071608.jpg

16071609.jpg

16071617.jpg

16071618.jpg






16071619.jpg
「東海館」は昭和3年(1928)年に開業した老舗旅館でしたが、1997年廃業。
現在は伊東市の所有となり、見学、入浴可能です。
東海館については、後日記事を書くとしましょう。



16071620.jpg
ここは、元映画館でしょうか。

16071621.jpg

16071622.jpg

16071623.jpg




16071613.jpg

16071614.jpg

16071615.jpg






16071616.jpg

旅に出て、天気予報を見る時、「遠くに来たなぁ」と実感します。





関連記事
[ 2016/07/17 17:30 ] ---まちあるき--- 静岡県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3603-e0b4d63f