近鉄 「宇治山田駅」再び “人気番組足跡めぐりツアー”  (三重県伊勢市)

 
 今年3月に念願だった近鉄宇治山田駅をたんまり見た時には、まさかその4ヵ月後再び、この目で見る事になるとは思いもしていませんでした。

16081509.jpg


16081506.jpg



16081501.jpg

16081502.jpg

16081503.jpg

16081504.jpg

16081505.jpg


どこまで原型をとどめているのでしょうか、おそらく多少の改修はあったとしても、基本部分は変わってないだろうと思わせる、昭和初期の重厚感があります。


16081511.jpg

16081510.jpg







前回見落としてしまった、ジオラマ。
16081508.jpg

16081507.jpg
宇治山田駅には消防署が併設され、塔屋は火の見櫓だったそうです。

関連記事

立派な駅ですね

昭和の初めに建てた宇治山田駅 わたしは、中に入ったことがないのです。鳥羽に行った時も、途中下車したらよかったかな。
でも今の、地元の人以外の人からみると、伊勢市なのに 何で宇治山田でしょうね。昔は、市名も宇治山田のはずでしたね。
駅も立派ですが、鳥羽線をつくたのが、近鉄がすごいですね、三重交通の路線を賢島までいったことが。有名な昔の社長をおもいだします。伊勢湾台風のときに名古屋線を狭軌から広軌にかえました。近鉄てやはり資産があたんでしょうね。こんな駅を作るぐらいやから。
[ 2016/08/25 08:12 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

宇治山田駅をはじめて見た10年近く前、なんと大きな立派な駅なんだろう。。と思いました。
大都市のターミナル駅のように、駅ビルがあったり、駅前にデパートがあったりという感じではありませんが、だからこそ、宇治山田駅は目立ちます。

賢島まで延線した話や、伊勢台風後に狭軌から広軌に素早く工事をしたという話、よくご存じですね。
鉄道学習会で勉強しました。
[ 2016/08/25 20:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3630-1a0ca671