JR東海 関西本線 「亀山駅」 “青春18切符 名松線の旅” (三重県亀山市)

16093201.jpg

16093202.jpg

JR西日本と、JR東海の境界線にある「亀山駅」

オレンジの屋根が綺麗で洋風の雰囲気の駅舎です。




16093203.jpg

16093205.jpg

16093206.jpg

待合室で目を引くのは、ギリシャ風の柱。
この駅が出来た年月はわかりませんが、床材を見ても年月を感じます。

16093207.jpg
「kiosk」も最近は珍しくなりました。







16093208.jpg

16093210.jpg

16093211.jpg

新名神を使って、名古屋方面へと車を走らせる時、渋滞に巻き込まれるのは亀山あたりからですが、駅はひっそりとしています。




16093209.jpg






関連記事

亀山は田舎から都会にでまた田舎になるのかな

 最近関の宿場(南草津歴史街道)で行きました。でも関町も亀山市なのです。関の駅もひっそりしています。
でも亀山は亀山ローソクしかなかったのに、シャープが大きい工場をつくって、世界の亀山でした、でもシャープもあんな状態になって、工場が続くのかなと心配しています。
でも名古屋発の関西本線は電車は亀山で終わりです、伊勢に行くには逆方向ですから昔は機関車を付け替えていたんです。いまは伊勢鉄道があるから亀山を経由しないでいけます。
でも私が行った時も駅前はひっそりですね。ホテルがなかったところに沢山ホテルつくって、住まいも沢山つくりました。これからどうなるのかな。
[ 2016/10/09 17:12 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

亀山ローソク から、シャープの亀山へと 大きくなったのですが、今後が心配ですね。
企業の将来ってわからないなぁって思います。 今日も ふとしたことから、ミシンメーカーについて調べたのですが リッカーが消滅したのに対して、ブラザーはプリンタなどでも有名になりました。
大津の豆藤や、近江八幡のクラブハリエ。。 大きくなったお店もあれば、消滅してしまったお店も多く、その違いはなになのかな?と考えます。

亀山で乗り換えないといけないというのはJRの弱いところですね。
[ 2016/10/09 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3672-3178e986