JR東海 関西本線「亀山駅前」 ぶらり “青春18切符 名松線の旅”  (三重県亀山市)

 亀山駅前は大きな広場があり、その前にかつての繁栄を感じる旅館やお店が並んでいました。
「かつて」。。 「鉄道が全盛だったころは多くの人が行きかう町だったけれど、何年か前から人の波が他へ移ってしまった」
それを顕著に感じる風景が駅前に広がっているのでてす。

16093314.jpg

駅真正面。


16093302.jpg



16093313.jpg

16093311.jpg

駅前で旅館と飲食店をやっているところは多いけれど、現在も旅館をやっているところは数少ない。
ここも、検索しても出てこないのでもうやってないように思います。
飲食店もねぇ。どうなんでしょ。


16093310.jpg





16093301.jpg

16093312.jpg

16093316.jpg

鳥居の先はまっすぐに道路が続いています。
ただ、鳥居は駅前に移転されてきたものなので、能褒野神社まで真っすぐ続いているわけではありません。









駅の並びにも、昔ながらの町並みがありました。

16093304.jpg


16093305.jpg

16093306.jpg


16093307.jpg

16093309.jpg

16093308.jpg
関連記事
[ 2016/10/09 17:00 ] ---まちあるき--- 三重県 | TB(0) | CM(4)

相変わらずの寂れ具合ですね。シャープが好調時は亀山自体は景気もよかったはずですが亀山駅前はその頃もこんな感じでした。

タイルの画像のひとつ上の画像のお店は大黒屋ですね。注文を受けてから焼くみたらし団子が有名なお店ですが、私が伺った時は朝9時頃でまだみたらしの準備が出来ておらず食べ損ないました。でも代わりに買った酒饅頭は酒の風味が強く餡の甘さと相まってすごく美味しかったですよ。画像から亀乃尾という餅菓子を作っている瑞宝軒も開いているようで一安心しました。
[ 2016/10/09 19:53 ] [ 編集 ]

★けんさん

シャープの会社へ訪れる方々(社員でなく)は、どのような交通機関を使ったおられたのでしょうか。
今の時代、大企業があるからと言って、駅前がにぎわう時代ではないのですね。

さすが、けんさん、甘味についてお詳しい。
どこの町を歩いていても、甘味のお店は私もかなり気になるのですが、旅先ではあまりお腹が空かなくなる私なんです(笑)
夜の宿までと言っても途中で崩れそうだし。。いつも横目で見ながら歩いています(笑)
[ 2016/10/09 22:27 ] [ 編集 ]

懐かしの亀山駅!
大好きだった祖母の家へ、亀山駅で下車して三重交通のバスに揺られて帰省していました。いまは隣の市をまたいでの路線がなくなり、不便になりました~
あの三重独特の匂いがしてきそうな、風景を見せてくださってありがとうございます♪
[ 2016/11/03 07:53 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

「おばあちゃんち」に行くのは、本当に わくわくする楽しい事でしたね。
私の場合、同じ大津市内でしたが、浜大津付近に住んでいて、 今 住んでいるところの近くに、おばあちゃんちがあったのですが、 あの頃は遠かった~~。 京阪電車に揺られて、バスに乗り換え。 バス停から 川沿い(蛍のいる。。)に、ずぅ~~っとおばあちゃんちに向かって歩くとき。。 その時の わくわく。。高揚。。 一歩一歩近づいてくるんですよねぇ~~
ついたら「みっちょちゃーーん」って迎えてくれて。。
sho惑星さんの、そんな気持ちをも、よみがえらせることができてうれしいです。

三重と言えば、四日市だったかに、ラグビーの試合を見に行った記憶があります。父の写真撮影に私一人が着いて行ったと思うのですが、車? 電車? 記憶がありません。
[ 2016/11/04 13:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3673-a231dc5c