京都鉄道博物館 “貨物展示”  (京都府京都市)

 車両の展示も多数ありますが、解説展示も多くあり、鉄道についてならなんでも吸収したいと思う私は、見入ってしまうので、かなり時間を要してしまいました。

 こちらは貨物についてのコーナー。

17020201.jpg
17020202_s.jpg 17020203_s.jpg


 その、梅小路駅は2011年に「京都貨物駅」に改称されました。
京都鉄道博物館は、京都貨物駅に隣接する梅小路公園にあります。


17020204.jpg

17020205.jpg

17020206.jpg

17020207.jpg





17020208.jpg

17020209.jpg




17020210.jpg


 貨物については、知らない事ばかり。
新鮮な解説が、とても嬉しかったです。


関連記事
[ 2017/02/04 22:36 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

貨物列車はまだよくわかっていません、でも昔のような貨物はなくなっでコンテナばかりですね。
だから吹田の貨物駅もなくなり(昔は1両、1両つなぎなおしてたんですね)、梅田駅もなくなり、梅小路はまだありますね。膳所駅も広いところがあって貨物の駅、大昔浜大津も貨物の駅でした。
列車のダイヤが乱れると、石山の駅で貨物列車がしばらく休んでいました、貨物の退避線が上下も石山はありますわ。
[ 2017/02/05 00:06 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

今でも、石山駅で貨物列車が待機していることがあって、そんな時は、先頭から最後尾までずぅ~と見て歩きます。

浜大津駅が貨物駅であった時の姿はよく覚えてないのですが、(多分近寄りがたかったんです)痕跡が残っていた時代をよく覚えています。

膳所駅も、貨物駅だった姿の記憶はありませんが、あの広い構内は壮観ですね。

昔はあちこちに貨物駅があったんですね。
[ 2017/02/05 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3743-e17e4d2c