京都鉄道博物館 「扇形車庫」「SLスチーム号」  (京都府京都市)

 京都鉄道博物館が出来る前は、梅小路公園に扇形車庫と旧二条駅舎だけがあり、レトロ感が漂う空間でした。
今は、大きな京都鉄道博物館が出来て、その存在が小さくなったようで少し寂しい気がしています。
→ 梅小路蒸気機関車館 扇形車庫 (2007.3.3)


 でもやっぱり。。 大きな扇形車庫は貫禄があります。

17020101.jpg

17020102.jpg



 現在、梅小路公園で冬のライトアップイベントが開催されていて、扇形車庫がライトアップされています。
→ 扇形車庫や「チンチン電車」ライトアップ 夜間特別運行も 京都の梅小路公園で冬イベント




本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車することができる「SLスチーム号」
せっかく来たのだし、タイミングもいいしと迷わず乗車。

17020103.jpg

17020110.jpg


17020104.jpg

17020105.jpg

17020106.jpg

17020107.jpg

17020108.jpg

17020109.jpg


 本線に乗車していては、見られない箇所が見られたり、変わった角度から列車が見られました。

関連記事
[ 2017/02/05 22:15 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

でも蒸気機関車は20両のあるってすごいですね。C57 1 は やまぐち号 C56 は北びわこ号 をひぱっていますね。 それとD51が2台とC62が2台あるんですね、C61はあんまり機関車も作ってなかったようですね、C62は2号と3号が北海道で急行ニセコを引っ張っていました。それを大昔 小樽まで撮りにいったこと覚えているんです。
[ 2017/02/06 21:23 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

 男性の方って、若い頃、少年の頃から鉄道好きの方が多くって、いい思い出をお持ちなんですよね。
私なんて、本格的に鉄道好きになったのはここ10年15年ですから、「見に行った」「撮りに行った」って事がないんですよ。

蒸気機関車をリアルタイムで見た記憶は、一度きり。
京都駅から帰ってきて大津駅で降りた列車が蒸気機関車だった。。確か、煙(笑)をあげていた。。 という断片的な情景なんですよ。
大地を走る、力強い姿を見たかったなぁって思います。
[ 2017/02/06 22:17 ] [ 編集 ]

小樽は仕事でいってきたんですわ。
[ 2017/02/07 01:29 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

全国を飛び回れる仕事っていいですね。

小樽は、ツアーで行きました。 みんな運河を見ているのに、私だけ小樽駅まで走って駅を見て、周辺の近代建築を見て時間に帰ってきました(笑)  小樽なぁ。。また行きたいなぁ。
[ 2017/02/07 22:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3744-8dd63293