JR東日本 山手線 原宿駅 ぶらり (東京都渋谷区)

 「原宿」という駅舎を見るためにここで下車したけれど、ここが新聞テレビで見聞きする「原宿」であり「竹下通口」なんて名称があることに、改めて驚きます。
ここが、あの 原宿? 竹下通?
まったくのお上りさんの視線でちょっと歩いてみます。
駅のまんまえが「竹下通」

17031003.jpg

17031002.jpg

朝7時代だからでしょう、サラリーマン、OLさんがちらほらと歩いておられるだけです。


17031004.jpg
100均の「DAISO」も、原宿にある。

17031005.jpg
「マツモトキヨシ」だってあります。
ちょっと ほっ。。としたけれど。


17031006.jpg
こんなにいっぱいの、クレープメニュー。
さすが原宿。

17031007.jpg





駅前にもどり少しあるくと「原宿アパートメント」という看板。
帰宅後調べ見ると 昭和33年(1958年)建築との事で、もう一歩進んで 見てくれば良かったと後悔。
一歩踏み出す勇気がないのが私の難所。こんなとき、ぷにょさんが一緒ならと。。
17031001.jpg



表参道口を南へ歩くとすぐ、神宮公園入口。
17081008.jpg

橋から原宿駅を見ると、遠くにスカイツリー。
至近距離ばかりを観察する癖のある私は、はじめて遠くにそびえるスカイツリーを見つけました。
17031009.jpg





ここが、あの東京であることに感動。
そうだなぁ。 山手線であちこち回ってみるのも面白そうです。
関連記事
[ 2017/03/24 11:25 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(2)

一番ファッションに敏感だったであろう大学~社会人3年目ぐらいまではよく渋谷・原宿に行ってました。裏原系の古着屋などは路地をひとつふたつ入った所に多かったんですが、そこには私のような浮かれた者が集う雑踏感とは別世界のそこに暮らす人たちの当たり前の生活空間が広がっていてそのギャップをよく覚えています(下町というよりは御屋敷が多かったですが)。

ちょうどナイキのエアマックス狩りがニュースになっていたバブル崩壊後の失われた10年と言われた頃です。そう言えば原宿駅も久しく利用していません。あの駅舎もとうとう建て替えられるんですね。
[ 2017/03/24 22:03 ] [ 編集 ]

★けんさん

「路地をひとつふたつ入ると。。」
都会では、そのギャップ、意外性が大きいですね。
原宿すべて、大きくは「東京すべて」が 大都会でキラキラ輝いているのでなく、そこで日常を過ごしている人がいるんですね。
渋谷の町を。。オフコースの小田さんの家探して歩いていると。。 そこは普通の住宅街でした。

けんさんは、楽しい青春の思い出があるのですね。そういう時期があってこそ、今のけんさんがおられるのだと思います。

原宿駅が変わると、原宿の雰囲気もがらっ変わるのでしょうね。
[ 2017/03/25 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3781-f8e86d9f