JR東日本 東海道本線 「大磯駅」  (神奈川県中郡)

品川駅から1時間ばかり電車に揺られていると、車窓に太平洋がのぞめるようになり、開放的な空気が漂ってきます。


17031211.jpg

17031201.jpg

「大磯」と聞けば、大磯ロングビーチでの芸能人の水泳大会を連想、華やかで賑やかなイメージを描いていましたが、落ち着いた雰囲気の中に、オレンジ色の三角屋根洋風駅舎が佇んでいました。


17031206.jpg
天井が高く縦長窓の採光がよく、明るい駅舎です。

17031204.jpg
出口側にも縦長窓があります。

17031205.jpg

17031207.jpg

17031208.jpg




ホーム側から見ると、屋根の形が変化に富んでいて やはり綺麗です。
17031209.jpg

17031210.jpg

17031212.jpg









1925(大正14)年の建築。関東大震災により倒壊した駅舎にかわって再建。
2009年には 経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

17031202.jpg





17031214.jpg
さあ、さらに西へと進みますが、この時間の東海道本線がこんなに空いているのは意外でした。

関連記事

昔、吉田総理大臣の家があるということで、有名になった大磯ですね。大磯ローングビーチも近くにあるんですね、一回車で前を通りました、でもいいところですよね、駅舎に本当にきれいですね。 ここからグリーン車で東京まで行くんですね、お金持ちは。
[ 2017/03/30 01:51 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

東日本に行くと、普通の列車に グリーン車が連結されている事に驚きます。
関西でも昔は連結されていた記憶があります。
需要がなくてなくなったのでしょうか?

お年寄りや、経済的に余裕のある人のために、一部グリーン車がある事はいいことだと思うのですけどね。

このあたり海岸の方に歩くと、素敵なんでしょうね。
次回 ゆっくり。。。と思います。
[ 2017/03/31 15:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3784-8e5e5737