JR西日本 伯備線 「新見駅」 (岡山県新見市)


伯備線は 倉敷駅から伯耆大山駅を結ぶ陰陽連絡路線のひとつ。
岡山駅から北へ、一時間半。 新見駅で乗換。
新見駅は 姫新線 芸備線の乗り入れている、中国地方中央部の主要駅のひとつです。
17032117.jpg



何度となく、乗換・通過をしてきた駅ですが、ゆっくりと時間があったのは今回が始めてでした。

17032102.jpg

17032101.jpg

17032103.jpg

17032119.jpg

日本人だからでしょう。瓦ぶきの駅は、ほっ。。とさせてくれます。

駅舎は昭和3(1928)年10月開業時のものです




17032111.jpg

17032115.jpg

いよいよ中国地方にとっぷり浸かっているなぁと、満足させてくれる駅名標。



17032104.jpg

17032105.jpg
広い待合室。有人改札。出入口ドアの取っ手。
昭和の香が漂っています。



長いホームと、昔ながらの上屋
17032118.jpg

17032108.jpg

17032109.jpg

17032110.jpg
隣にはかつては線路があったのでしょうか。

17032113.jpg






跨線橋ではなく、地下道で駅舎と結ばれています。
17032107.jpg

17032116.jpg
特急やくも と同じカラーで彩られています。







17032112.jpg
新見駅は サンライズ出雲も停車する駅。 何時間後かには、サンライズでここを通ったのでした。










関連記事

新見といえば、3つの路線が集まるんですね。でも姫新線も芸備線も本数少ないから。
姫路からくる姫新線は佐用とか津山までで、全線はないのですね。
隣の備中神代までに布原というところがあって信号所でした、いまは芸備線の駅になっているようです。ここは蒸気機関車のとき、D51が3重連で動かしたところです、むかし評判になって取り鉄がいっぱいいかれたようです。いまは電車ですから、そんなに気が付きませんが。まだとったレコードを持っています。
[ 2017/04/05 18:11 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

男性の鉄道ファンの方って、小学生、中学生の時からで歴史が長く、その分なんでもご存じで深いんですよね。
多くの男性鉄道ファンを知っていますが、私などのように感性だけで鉄道を好きな者は恥ずかしくなります。
でも そういうお話がきくのがとても楽しいんです。

この春、姫新線に乗る詳細な計画も立ててみたのですが、本数が少ないので大変でした。
でも いい駅はたくさんあります。

とったレコード。。ですか。。?
[ 2017/04/07 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3793-2039815d