JR西日本 山陰本線 「米子駅」 (鳥取県米子市)


新見駅を出て、2時間20分で「米子駅」 到着。

17040108.jpg
広島あたりでは、クリーム色の列車が走っているのですが、山陰地方に来ると「朱」の列車が走っていて、 「ああ、山陰に来たなぁ」と実感します。 そういう感覚では、地区別に列車の色が違うのは楽しい事です。

「米子駅」で連泊して、山陰線を三日間楽しんだことがあるので、ほっ。。とさせてくれる駅。
過去訪問記事を見ると、同じ角度で同じ視点での写真で、 ん~~ 進歩がないのか、私の感性は統一されているのか。。


17040107.jpg

17040106.jpg
有人改札は心なごみます。



17040103.jpg
昭和38年建築 に大きくうなづける駅舎。高架にならずに居て欲しい。

17040111.jpg 17040112_s.jpg


17040105.jpg 17040104_s.jpg


17040101.jpg
境港線は1番線発。






17040102.jpg
そういえば、真冬の山陰を知らない。。
機械があれば是非。。とまた、希望旅パターンの追加。。








17040109.jpg

17040110.jpg

さあ、出雲市駅に向けて出発!!




関連記事

米子駅、就職して初めて旅行したのは、鳥取県でした。京都発下関行の普通列車があって、もちろん蒸気機関車。大山に行ったので、米子で下りました。初めて見たときは大きさにびっくり。
家に戻ってしらべたら、米子鉄道管理局の建物でした。今調べたら 国鉄は管理局が26個もあったそうです。JR西日本になってからは、米子支社みたいですが。広島、岡山、大阪、天王寺、福知山と管理局があったそうです。大阪はいまはヨドバシカメラのとこにあたんですね、みんな、駅のところにあったそうです。
[ 2017/04/08 23:42 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

昔は、多くの長距離列車があったんですね。
長距離蒸気機関車の旅、してみたかったです。

米子駅は今でも大きな構内、大きな建物で威風堂々としていますね。
以前 米子の町を歩きましたが、なかなか面白かったです。
[ 2017/04/10 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3796-b5f9fd34