さくら  (滋賀県大津市)

 今年の桜は例年より数日遅いけれど、入学式もカレンダーの関係で 今日 4月10日の所が多いです。
やっぱり 桜と入学式って、素敵な結びつきがあるんでしょうね。

 家の前の桜も、今日 満開の時を迎えています。
ふらっと、カメラ片手にゆっくり歩いて帰ってきても10分。 いい所に住んでいるなぁって思います。

17040501.jpg





17040502.jpg

17040503.jpg


川に目をやれば、鳥が仲良く遊んでいます。
17040504.jpg



5月になれば新緑が生命力を感じさせてくれます。
下旬となれば、そろそろ ホタルが舞い始めます。 お風呂上りにパジャマまでふらふら。。と3メートルも歩けば川
ポゥ。。ポゥ。。優しい光を放ってふわふわ~と舞う様子は神秘的です。。

川沿いを歩けば、せせらぎが聞こえてきます。
学区内では、一番 自然に恵まれているだろうと思います。
ホタルの季節は「お宅も ホタルのお客様?」というのがご近所の方との会話。 ホタル見物にお客様がいらっしゃるお宅が多いんです。


自然に恵まれて素晴らしい「川」ですが、実は 父はここで命を落としました。
未だに状況不明。
年の瀬も押し迫った12月のある日。父がいなくなった。。と母から連絡があり 主人と2人 夜の町を探し回りました。
携帯も財布も持たずスリッパ履きで出かけたままの行方不明でした。
警察の方とも23時位まで連絡を取り、仮眠をとりながら朝を待つも行方知れず。

父がこの川で亡くなっていたと連絡を受けたのは、娘と父の実家周辺を探している時でした。

水深は深い所でも50センチ。
毎日ウォーキングに励み、認知症の気配すらなかった父が何故突然にそんな事になったのか、わからないまま。。 まるでドラマでも見ているように現実味のないまま父を送りました。


もし 私が 喪主なら。
「春は桜 夏はホタルに彩られる川で父は亡くなりました。 きっと、ずっと幸せに時を過ごすだろうと思います」と 挨拶をしただろうと。。   その時思ったものでした。


 目に飛び込む ピンクの町に「うわぁ」と声をあげながら、 やっぱり父を思い、涙が浮かんでしまいました。

(父 2009..12.13 没 享年79歳)
関連記事
[ 2017/04/10 12:31 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3798-1446d232